関節の問題、予防、グルコサミンサプリ

2016
07/22
*Fri*
CATEGORY : 手作りごはん
IMG_0441.jpg


先日のサプリのマッチングであまり効果が無かったグルコサミンサプリ。

先生からのメールにはグルコサミンサプリの見解が無く
関節の数値も悪くて気になったので、今後どうしたらよいのか
対策や現在のサプリを続けてもいいのかもう一度聞いてみました。



+++++++++++++++++++++++++++++++++


パテラのグレード1~2でしたら、外れて足がつかない状況はないかと思います。

年齢も高いですので、これまで維持できていますから、
そう悪い関節炎ではないようです。

グルコサミンですが、手作りや質の高い食事を与えているときは、
食材の中に活性化の高いグルコサミンやコンドロイチン、
コラーゲン等の栄養素が適正量で含まれているものですから、
あえてグルコサミンだけを精製したサプリを取らなくても十分かと思います。


魚介類や鶏の皮や軟骨、骨髄に部分にそれらの成分は多く含まれています。
特定の精製した栄養素(サプリメント)は、
濃度が高いですから、適正量を超えると、
腎や肝の負担になることもあるかと思います。


しかしながら、今後さらに年齢を重ねると、
関節包のじん帯や筋肉が脆弱してきますので、
膝にかかわらず他の関節にも影響が出るかもしれません。

動きはじめにスムーズさが無くなったり、
運動を嫌うようなことも出てくるかもしれません。
そのようなときは、関節の修復や栄養補給を促すサポートになる
ホモトキシコロジーのZeelというタブレット、痛みや炎症のある時は
Traumeelというタブレットを併用して与えてあげるとよいです。

今は波動の数値から見てもまだ必要ないかと思います。

食材に鶏皮小魚丸ごと、入っているようでしたら、
あえてプラスする必要もないかと思います。

関節の傷みと脆弱化を予防するため、
抗酸化作用の高い、緑黄色野菜雑穀等はお勧めです。

体重を増やさないことも大切です

骨密度や筋肉量は年並みに減ってきますので、
体重も若いころに比べて少し落ちているくらいがちょうど良いです。

若いころと同じ体重を維持するということは、
内臓脂肪が増えていることになるので注意です。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++





パテラに良い食材や注意点


 〇食材→魚介類、骨髄(まろんは鮭アラを食べています)
     小魚丸ごと、鶏の皮(人間のご飯で皮は取るので、
       今後はそれを食べさせようと思います) 
     緑黄色野菜や雑穀等

 〇将来的にホモトキ→・Zeel(関節の修復や栄養補給を促す) 
               ・Traumeel(痛みや炎症のある時)

 〇体重を増やさない

 〇グルコサミンサプリは中止




尿(院外)検査

2016
07/18
*Mon*
遅くなりましたが、7月5日にかかりつけの病院に提出した尿の院外検査結果です。



 
尿院外検査結果(7/5 PM5時頃の尿)

 
 尿中タンパク 33.2mg/dl
 尿中クレアチニン 132.4mg/dl
 UPC 0.25 [基準値0.5以下] 

 フォルテコール錠2.5mg(降圧剤)1/2錠→2か月分 



夕方の尿なのに結果が良くてびっくり。

前回1.05と高く
セミントラに変更かもと言う事だったのですが
院長先生がお休みだったのと、結果が良かったせいかもしれませんが
お薬の変更については何も言われませんでした。

この結果をチロとサクラのクリニックの渡辺先生にお伝えしたら

「波動テストでも腎臓も低めですが安定してますし、
血液循環も良いので、フォルテコールはいい影響をもたらしているかと思います。
もちろん化学薬品ですから、多少の肝、
腎などの臓器への作用はあるかと思いますが、
この程度の数値の低下なら心配ないと思います。

今良い状態ですからあえて薬の変更は考えなくて良いかと思います。」

と言うメールのお返事を頂きました。

フォルテコールは心臓のお薬なので、そちらには効いているみたいですが
肝臓や腫瘍にはダメージが出るのですね(あくまでもまろんの場合です)
これが副作用と言う事になるのかな?


次回は2か月後、血液検査もする予定です。
次回の検査はどうなるでしょうかね。
UPCも数値の変動が激しいし、1回の検査結果で
判断するのもどうかなと思ってしまいます。
掛かりつけの病院は、悪くなったらすぐに
お薬の変更や量の増加を提案されるのですが
過去の経験から、もう少し様子を見てからと私は思っています。

サプリと薬のマッチング

2016
07/17
*Sun*
サプリの整理を兼ねてマッチングをしていただきました。


適合性

 まろんの基本値
 
 免疫機能12 胆汁酸一肝臓7 腎臓5 肝臓7 消化器官7 
 生命力7 関節5 腫瘍7 血液循環7 心臓5 

 
対象物との相関値


 △フォルテコール(降圧剤)
     →胆汁酸一肝臓、肝臓、消化器、生命力、腫瘍1~2ポイントダウン↓ 
      心臓→1ポイントアップ↑

 ◎梅バランスα→腎臓、関節、腫瘍をそれぞれ1ポイントアップ↑

 〇元気な酵素→腎臓、生命力1ポイントアップ↑

 △×カルシウムサプリ
      →胆汁酸一肝臓、肝臓、消化器官、腫瘍2ポイントダウン↓
       関節1ポイントアップ↑

 △グルコサミン→腎臓1ポイントダウン↓

 ◎冬虫夏草霊芝ブレンド→腫瘍2ポイントアップ↑



マッチングの解説は先生からのメールをそのまま記載します。


++++++++++++++++++++++++++++++++++


マロンさんの現在の状況を把握するために、
免疫機能と主要臓器のテストを初めにしています。

免疫12(免疫は通常他の項目より数ポイント高い数値で出てきます)、
腎臓5、肝臓7、消化器7、生命力7、関節5、腫瘍7、心臓5、血液循環7 でした。

各サプリ類でマッチングしてみたところ、元気酵素○ 冬虫夏草◎ 梅バランス◎ 
カルシウム△× グルコサミン△ フォルテコール△
 です。

◎のものに関しては継続で問題ないのですが、
フォルテコールについては解釈が難しくなります。

肝臓や消化器などの項目は少し数値を下げてしまうのですが、
心臓の数値は1ポイント上げているからです。

また現在血液循環が良い数値であることは
フォルテコールの良い作用を受けているからとの解釈ができます。

ですので、フォルテコールに関しては心臓の負担を減らす目的があるため、
多少他の項目を下げてしまっていても止めることは勧められません。

カルシウムに関しては、下げる範囲が多く、
あまり役に立っていないようですので、摂らない方が良いかと思います。

カルシウムは他のカルシウムを使うか、
または食事として食材で摂られることで十分かと思います。

元気酵素、冬虫夏草、梅バランスは○~◎ですので、
継続が好ましいですが、どれも良い作用が期待できるので、
併用をローテーションにしたり、より作用の良い◎に絞るなどはされてよいと思います。


+++++++++++++++++++++++++++++++++


フォルテコールについては5項目も下げているのですが、
心臓のみ1ポイントアップしています。
2014年6月にしたテスト(心臓、肝臓、腎臓のみ)では、
フォルテコールは心臓2ポイントアップ、腎臓1ポイントアップだったので
その頃に比べると影響が悪いと言う事ですね。


梅バランスα元気な酵素冬虫夏草霊芝ブレンドについては
良い作用が多いのでこのまま継続します。
この3種のお値段が高いので
ローテーションしながら様子を見ようかとも思っています

カルシウムサプリは鮭の骨も摂っている事ですし
止めようと思います。

グルコサミンについては腎臓を下げています。
肝心の関節には変化なしと言う事なので続けようか迷います。
他のグルコサミンサプリに替えるか、
今のご飯だとサプリは必要ないと以前に言われたので
無しの方向でいくかもしれません。

癌のお友達ワンコがマイタケサプリを使っていると聞いて
まろんも癌になった時に使おうかと考えたのですが
非常に高価なのと飲ませるのに大変かなと思い
自分なりに調べて使い始めた「冬虫夏草霊芝ブレンド」ですが、
腫瘍に効いている(2ポイントもアップ)みたいで良かったです。
まいたけ、れいし、冬虫夏草が含まれています。

定期検査と尿・血液・フィラリア抗体(院外)検査結果

2016
05/12
*Thu*
お誕生日の数日後に、かかりつけの病院にまろんを連れて
キャンペーンのファラリア抗体を含む院外血液検査を受けに行きました。


 ・定期検査

 ・フィラリア抗体検査検診(院外血液検査)

 ・尿(院外)UPC検査

 ・フォルテコール錠(降圧剤)2.5mg 1/2錠→2か月分 

 ・Moxi Heart タブKS15 (フィラリア予防薬)→6回分 
  5月10日~15日頃より40日間隔で服用予定

 ・体重2.7キロ





診察室に入ってきた院長先生、まろんを見るなり開口一番
お顔が随分と白くなりましたねぇ~」とびっくりされた様子。
そう言えば先生がまろんと会うのは去年の検査以来だから一年ぶりかも。
普段は尿だけ持って行って検査して頂いているので、まろんとは会わずじまいです。


P1020627.jpg




丁寧に触診をしていただきました。

心音→綺麗

耳→綺麗(最近はチャイムの音に気が付かない事があるので
耳が悪くなっているみたいですが、耳の中は綺麗らしいです)

目→左目にやや白内障があるようですが、気にするほどでは無いらしい。
何年か前に別の先生に診ていただいた時は白内障だとはっきり言われたのですが、
まろんの瞳が白いのは白内障では無くて核硬化症という
水晶体の中心部(核)が老化で起こる現象だそうです。
白内障では無いと聞いて安心しました。

後は後ろ足の具合も丁寧に診ていただきましたが、以前言われた
膝蓋骨脱臼については何も言われませんでした。
聞いたら良かったと後で思いました。

検査結果が良くなかった場合お薬を変えるかもと言われました。
2年前に出たお薬と言われたので、たぶんセミントラの事だと思います。

尿検査も今回は病院が込んでいるので院外でしますと言う事でした。
血液が院外で数日かかるので、尿もそれに合わせてでも大丈夫。

フィラリアについてはいつもは5月の末ぐらいから始めるのですが、
今年は早めに10日から15日頃にと言われました。



***********************************


数日後、結果が出たと連絡を頂いたので、昨日また病院に行って来ました。


血液とフィラリア抗体検査結果(クリックで大きくなります)
P1020623.jpg





尿UPC検査結果
P1020626.jpg





残念ながら尿のUPC検査は最近ずっと1を切っていたのに、
今回は1.05(参考値0.5以下)と随分高め。
その割に血液検査での「アルブミン」は2.7(正常値)です。
今までずっと低かったのに今回は良い数値です。
ALPとBUNとクレアチニンは高めです。
クレアチニンに関しては過去のデーターを見ると
高かったり正常値だったりなんですが、
院長先生はクレアチニンは一度悪くなると後は下降するばかりらしいので
まろんの様に良くなったり悪くなったりするのは珍しいケースだと言う事です。

検査結果が悪くても、犬の状態(元気さや食欲)が良ければ
そちらの方が大切と言う事なので、今後も様子を見ていく事になりました。

半年後もう一度血液検査をする予定です。




14歳の誕生日

2016
05/06
*Fri*
CATEGORY : 日常
ファイル 2016-05-07 19 08 49



4月28日、まろんは元気に14歳の誕生日を迎えることが出来ました。
シニア犬で持病持ちですが、以前からは考えられないぐらい食欲も旺盛で、毎日元気に過ごしています。
このままの調子でこの一年も過ごせたらと思っています。



ファイル 2016-05-07 19 00 17







ファイル 2016-05-07 18 59 53






ファイル 2016-05-07 19 11 17



初めての尿(院内)検査

2016
03/05
*Sat*
降圧剤が無くなったので、かかりつけの病院に行って来ました。
今回から院内の尿検査に変わっています。
夕方に行ったのですが、混んでいたので尿だけ出してきて結果はまだ後日と言う事になりました。
その時点では、院内にするのかまたはいつものように院外にするのかは
院長先生が考えてからと言う事でしたので決まっていませんでした。
結果が出たと連絡を頂いたので、今日また病院に行って来ました。


尿(院内)検査結果


 ・尿中タンパク(94)/尿中クレアチニン(167)=UPC( 0.56  

 ・フォルテコール錠2.5mg(降圧剤)1/2錠→2か月分 



夕方の尿なのでやはり高めに出ました。
降圧剤が切れて2日ほど経っているので、そちらの影響もあるかもしれません。

お留守番時用のホメオパシー「Ars-alb200c」

2016
01/25
*Mon*
チロとサクラのクリックさんからいつもの処方水と、
腫瘍対策のホメオパシー液「Sepia30c」「Carcinocin30c」と一緒に
今回はお留守番時用のホメオパシー粒「Ars-alb200c」を送っていただきました。

ちょっと前に送っていただいた下痢嘔吐時用の「Ars-alb30c」とは
刺激の強さが違うようです。
私はずっと30cは30cc(量)の意味だと思っていました(笑)
ちょうど30cc入っていたので。

ジルケーン」と言う抗不安サプリを先に試してみたのですが効かず、
渡辺先生に相談したら薬理作用があるので常用は控えた方が安心と
言われたので、ホメオパシーで対応する事にしました。
いくつか候補はあるみたいで、先に家にあった
下痢嘔吐用の「Ars-alb30c」で試してみました。
結果は家を出た後、泣き止むのが早かったです。
その後、より刺激が強めの「Ars-alb200c」を2粒送っていただいて
ずっと以前に処方して頂いた乗り物酔い用の「Aconite30c」と使い比べてみました。
両方とも同じ感じだったので、体質強化が出来る「Ars-alb200c」の方が
良いでしょうと言う事で、今回は多めに送っていただきました。

お留守番時に泣かれるのは、小さい頃からなんですが
(家に来てすぐお留守番の練習はしたのですが無理でした)
体力を消耗しそうで、少しでも不安な気持ちを取ってあげれたらと思います。

他にもレメディがあるようなので、これからも様子を見ていきます。

新しいフードボール(ハリオ チビプレ)

2016
01/09
*Sat*
ちょっと前にフードボールを新しくしました。
P1020513.jpg




前のは「ヘルスウォーターシリーズ」のフードボールだったのですが、
食こぼしが凄くて、食べた後は毎回周りの床がすごく汚れていました。
(ビニール製のランチョンマットは敷いているのですが、それ以上にこぼします)
P1020509.jpg




こちらのハリオのチビプレは奥の方が高い形状なので
まろんのように顔を一番奥に突っ込んで食べてもこぼれくくなっています。
41noZUBSqtL.jpg




ご飯中
P1020502.jpg




試作品のスヌード(未完成 笑)をつけています
P1020496.jpg




食後です。床が綺麗。
P1020506.jpg
買って正解でした。
ご飯を口に入れたまま、お皿から顔を外すと手前の床を汚す事がありますが
お皿の向こう側の床が激しく汚れる事はなくなりました。

少量のご飯なのにこぼしたらもったいないなーと思っていたので
良い物が見つかってよかったです。

フードボールの横に映っている緑のお皿は、
「ヘルスウォーターシリーズ」の水飲みボールです。
こちらのお皿は水がまろやかになるのでお水を飲まない子でも
飲むようになると言う事で期待して以前に購入したのですが、
残念ながらまろんには効果がありませんでした。
それでも、いつでもお水が飲めるように毎日入れ替えて置いています。

歯が抜けた事件と最近の歯磨きグッズ

2016
01/07
*Thu*
元旦の夜に歯磨きをしていると、えらく出血しています。
右の犬歯の2つ奥からのようです。
よく見ると、歯がありません。
写真は今日撮影しました。
歯が抜けてから1週間経過後なので
ちょっと分かり辛いですが、赤丸部分です。

P1020523.jpg

前日の大晦日に歯磨きした時はありました
いつ抜けたん?
今?
抜けた歯は食べてしまったのかも!

2014年の春の手術時に一緒に歯石取りもしてもらった時には
抜歯が何本かあるだろうと思っていたのに、
結局1本も抜かなかったので、それからケアも頑張ってきたのに
ちょっとショックです~。





最近の歯磨きグッズです。
P1020516.jpg




人間の子供用歯ブラシです。
P1020517.jpg




以前使っていた犬用歯ブラシ「シグワン」
003.jpg
こちらだと、上の前歯の裏に詰まった食べかすが、なかなか取れないのですね。
今使っている子供用歯ブラシだと、簡単に取ることが出来ます。
値段もシグワンに比べたらずいぶん安いです。
ただ、すぐにブラシが開く(噛むから)ので買い替えの期間は短いです。




百均でみつけたグローブ。
P1020519.jpg

噛まれても大丈夫なように以前は軍手を使っていましたが、
すぐに汚れて洗っても汚れや匂いが残るし、乾くのも遅いです。
こちらのグローブは指側(手のひら側)はビニール製で甲側は化繊なので
毎日はウェットティッシュで軽く拭くぐらいで
たまに石鹸を付けて洗いますが、乾くのも早いです。
ゴワゴワしているので、まろんにとっては気持ちよくないかもしれません。

2016年の始まりと尿(院外)検査結果のお話

2016
01/05
*Tue*
P1080754.jpg


2016年も始まりました。
今年もよろしくお願い致します。
忙しいお正月でしたが、それなりに充実しておりました。

1月4日にかかりつけの病院に行って来て、
院長先生から検査結果のお話を聞いてきました。

数値的には大変良かったのですが(UPC0.25)
朝一と夕方で数値が違うのが先生にとっては不思議らしく、
今度は夕方の尿で検査してみましょうと言う事になりました。

お友達のわんこちゃんが、2014年に発売された「セミントラ」という
腎臓病に効くお薬で、それまで一向によくならなかったUPCが
劇的に良くなったというのを聞いたので、院長先生に尋ねてみました。
猫用ですが、犬にも使っているらしいです。
まろんの場合はフォルテコールで経過も良いし、
セミントラを使ってかえって悪くなる場合もあるので、
今はフォルテコールでいきましょうと言う事になりました。
セミントラとフォルテコール、2本立てで使っている子もいるらしいです。
それぞれのお薬の説明もしていただいたのですが
難しくてよく分かりませんでしたが、作用が違うようです。
セミントラは新薬でまだ実績が少なく、値段も今よりも高くなります。
フォルテコールの方が発売されてからの実績があるので安心出来ると。

もうすぐUPCが測れる計器を院内にも設置するそうです。
機械が違ってくると、数値も変わるようです。
外注だと検査機関に送るので、採取後2~3日経過した尿を
調べていたのでその違いが無いのか聞いてみたら、
UPCに関しては冷蔵保管していたら日数が経過しても
数値に変化は出ないと言う事でした。
血液にしても尿検査にしても外注よりも院内の方が高いので、
そちらがちょっと気になります。


血液検査に関しては、まろんの負担を考えて
院長先生はあまりしない方がいいのではと考えておられます。
嫌がり方がひどいようです。
ネフローゼの場合悪くなれば数値的には、
血液よりも先に尿に出てくるようなので
定期的に尿検査をしていれば判断出来ると言う事のようです。

Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 14歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR