--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

もしかしたら @病院

2010
03/08
*Mon*


2010年3月8日(月)病院



外注で出した尿検査の結果を聞くために病院に行きました。

尿中蛋白が1028mg/dlと大変高かったようです。

先生からネフローゼの症状(下痢、嘔吐、ふらつき、食欲不振)などはないですか?

と聞かれたのですが、まろんは大変元気で食欲もあってとても病気とは思えない状態でした。

手作りごはんもモリモリ食べて体重も増えてきていました。

先生ももしかしたらアルブミンの値も上がっているのかもと

血液検査をしたら変わらず1.2と低いままでした。

先生もまろんの状態を不思議がられて

病院の機械の調子が悪いのかもと外注で血液検査を出されました。



ネフローゼの症状がないまま、お薬を飲むのはやはり出来なくて

もう少し様子をみる事にしました。

こんなに元気なのでもしかしたら自然に良くなるのではないかと思っていました。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。