--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

ホモトキとホメオパシーのお薬

2011
03/10
*Thu*
日記に書くのが遅くなりましたが、チロとサクラのクリニックからお薬が届きました。











*ホモトキ錠(Traumeel Lymphomyosot) 1/2錠1日2回交互に1か月分



*ホモトキ液(Coe・Ubi・Apis・Hepe・Com・Pul) 週一4回分



*ホメオパシー液(Ars・Alb) 一日1回スポイドで数滴たらす 3粒1か月分

 





ホモトキのタブレットとホモトキ液は今までと同じ。

今回ホメオパシー粒の種類が変わり、与え方も少しずつを毎日飲ませる方法になりました。

こちらの少量毎日与える方が、まろんは嫌がらずに飲んでくれます。



犬歯のあたりを上からつかみ、「お口ア~ン」と言うと

口を開いてくれるので、素早くポタリと垂らします。



ホモトキは手で触ってもいいし、扱いが楽なんですが

ホメオパシーの方は、アルミホイルに包んで送られてきて

電磁波に弱く、手で触ってもいけないそうです。

電化製品から1メートルぐらい放して保管しなければいけません。



レメディーの種類はお薬の袋に手書きで書いてあるので

何と書いてあるか分からない時もあり、ネットで少し調べてみました。



「Apis」って蜜蜂の針の毒らしいです!



動物・植物・鉱物が原料だとは聞いていましたが、

ちょっと驚きました。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。