尿検査の結果とホモトキシコロジー注射の投与 @病院

2010
07/23
*Fri*
前回の定期検査(7/15)の結果を元に「チロとサクラのクリニック」から

ホモトキの注射液(Coen,Ubi,Soli,Apis,Lym)と

タブレット錠(Traumeel 炎症サポート)が届いたので、

尿検査の結果を聞くついでに注射を打っていただこうと

思い、かかりつけの病院に行ってきました。











尿検査の結果 [ ]内は基準値 ( )内は前回6/21の値



*尿中蛋白 [0~100]244.8mg/dl(182.7mg/dl)



*尿中クレアチニン[190~350]311.1mg/dl(115.8mg/dl)



*尿中蛋白/クレアチニン比=[0.5以下]0.79(1.58mg/dl)

 

前回(6/21)に比べて蛋白の値は高くなったものの

比率が下がったのでよい傾向だそうです。





下痢の方もまだ完ぺきにはよくなっていません。

病院に来るたびに注射をしているので

ストレスから下痢になっているのかもしれないですねと言われました。





そしてホモトキのお注射。

奥に連れていかれたのですが、鳴き声が聞こえていました。

毎回可哀想ですが、病気を治す為だし頑張ってね。

ホモトキ液は週一あるのですが、残りは経口投与でいこうと思います。

私ではやっぱり注射するのは無理だと思うし、

毎週病院通いもストレスになると思うので。





病院の帰り、ちょっと遠いけど広い芝の公園までお散歩に行ってきました。

嫌な事の後だから、ちょっとでも楽しく過ごしてほしいので。

コングを追いかけて楽しく遊べました。

もっと遊びたいところですが、蚊に刺されまくったので断念しました。







満足げなお顔(@携帯)

CA3G0073.jpg









7時を回っていたのでかなり暗いです(@携帯)

CA3G0074.jpg


COMMENT

No title
かわいいねぇ~。
大口開けてもかわいいわ~(笑)

蛋白とクレアチニンの比率が大事なんですね。
アジソン病でもナトリウムとカリウムの比率が重要になってきます。
からだっていろんなところがかかわりあって機能してるから一つだけを見て考えると言うのは間違いなんでしょうね。
私はただ、カリウムが下がっただけで喜んじゃう単純飼い主ですが。

病院のあとの、楽しい遊び、いいと思いますよー。
こういうこともバランスですよね。
2010/07/26(月) 18:04:18 | URL | kuro #79D/WHSg [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 14歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR