--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

涼しくなりました。受診、尿検査の結果<9/8>

2017
09/26
*Tue*

P1020899.jpg





 
受診検査9月8日


 ・尿(院内)検査

 ・尿(外注)UPC検査

 ・ネフローゼ対策 降圧剤(フォルテコール錠2.5mg)→1/2錠→2か月分

 ・発作対策 ホメオパシーレメディ(belladonna30c)→9月は週2日連続で朝晩一粒ずつを毎週  
                                10月は2週毎に

 ・体重2.3キロ



9月8日に検査及びお薬をいただきに行ってきました。

以前の病院だと普段は尿のみを持って行くので、まろんは連れて行かなくていいのですが
新しい病院はホメオパシー治療なので、尿だけって言うわけにはいかず
毎回まろんを連れて電車に乗って行っております。

今回は発作の他に、以前の病院で出していただいていたネフローゼ治療の降圧剤
(フォルテコール錠)が切れたのでそちらも処方して頂きました。
新しい病院は、突然の発作で診察して頂いて
その時は降圧剤も残っていたのでネフローゼに関しては
何もしていなかったのですが、西洋医学も併用されている所なので
一緒に診ていただこうと思います。

発作も西洋医学で治療するつもりで当初は通い出したのですが
(ホモトキやホメオパシー治療に理解ある病院の方がいいだろうと思って)
先生はホメオパシーだけの治療を選ばれたので
チロとサクラのクリニックさんと重なってしまうかなと思いましたが
両先生の意見を聞きながら、一番適切な治療をしていけたらと思っています。

病院に行く1週間前(9月2日が最後の発作)から発作が起きておりません。
軽い発作も含めるとそれまではほぼ毎日起こしていたのに
急に起こさなくなりました。
ベラドーナを使ったのはは8月14日が最後でした。

本当に終息しているのなら心配ないようですが
たまっているのだったら小出しした方がいいようです。


日記を書いている今日(9月26日)まで発作は出ていません。
まろんの様子もとても元気でシャキーンとしています。

発作を起こすとしばらくダメージがあるようで、ヨタヨタして
トイレトレーの1cmぐらいの段差も登れないようになってました。
なので段差の少ないシリコン製のトレーに変えました。

P1020902.jpg




P1020903.jpg





発作は気圧の影響を受けていない事、年齢的な事を考えて
脳腫瘍の可能性が高いようです(確実にはMRIなどをしなければわかりません)

最終的には症状が落ち着いたら、
ベラドーナを月1ぐらいに減らしていくようです。




尿(院内)検査結果
20170908尿院内検査

尿比重が低い事、蛋白が出ている事、以前と変わらないです。


 
尿(外注)検査結果

 UPC 0.87
 尿中タンパク 75mg/dl
 尿中クレアチニン 86.4mg/dl 





COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 16歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。