--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

2回目の新しい動物病院の診察と発作続く

2017
07/28
*Fri*
IMG_0961.jpg


12日に新しい動物病院に行ってから後は、
14日の夜中に体が回転する発作が起き
(大きな発作との時は連絡するようになっていたので)
翌日の15日(土)、病院の方に電話連絡し、
17日(月)にも様子をお伝えする事になりました。

17日朝に「Aconite30c」を一粒飲ませています。
大きな発作の時はすぐに連絡。
手持ちの「Belladonna30c」1粒を溶かした物を少量で良いので与える。


19日(水) 夕方5時頃
初めて目が横揺れする発作が起きました。
渡辺先生や近所の動物病院の先生、電車で通っている
新しい動物病院の先生にも、目の事をずっと聞かれていましたが
瞳が揺れる事は今までありませんでした。
今回は目がグラグラと横揺れしていました。


発作が起こって無い時のまろんの様子は
以前にだいぶ戻っている感じです。
おしっことうんちもちゃんとシートに行って出来るし
(初めて発作を起こした後しばらくおしめをしていました)
痴呆のような様子も無くなりました。
足腰は弱っている感じで、歩き方がおかしく
おしっこやウンチをするポーズが取りにくそうです。

ジャンプは健在で、私のベッドに飛び乗ったり
飛び降りたりするので驚いています。

食欲は有るのか無いのかよく分からない状態です。
干しイモやビスケットなどのおやつは喜んで食べているので
単にご飯の内容が気に入らないだけかもしれません。
体重が2.3kに減ってしまいました。


22日(土)
新しい動物病院の2回目の診察にまろんを連れて行ってきました。

前回はキャリーバックにまろんを入れて、出かける前に
「Aconite30c」を飲ませて行ったせいか
電車内では大人しくしていたのですが
今回は「Aconite30c」を飲ませず、
ペットカートで行ったら電車内でワンと何度か鳴きました
おやつをあげたり、頭を撫ぜたり色々しました。

診察中も軽い発作が2回ほどあったのですが
その様子を見ていた先生が
自力で回復出来ていると言われました。
同じホメオパシーで強さもそのまま継続になりました。

そろそろお勤めに出たいので
留守番させることについても相談してみたのですが、
出来たら短時間が良いみたいですが
犬にとっては短いお留守番と長いお留守番の体感は同じらしいので
今のように自力で回復出来ている発作の場合は心配いらないと言われました。
ただ、留守番自体が苦手なのでそちらを克服する為に
練習する必要があるようです。
今は寝ている間にお買い物に行っているので
帰ってきた時も気が付いていない様子なんですが
ちゃんとお留守番と分かるようにさりげなく出かけて
慣れる必要があるみたいです。

家に来た当初から留守番の練習は色々してきましたが、
なかなかうまくいかなくていつも泣かせながら家を出ていました。


次回は1か月後、尿も持って行きます。




 
7/22(土)2回目の診察


 ・「Belladonna30c」→1か月分 週2日続けて5日休みを4回 

 ・処方水などはそのまま継続でよい

 ・発作が戻らない時は連絡する

 ・お留守番の練習




夕方病院から帰って来て、早速お留守番の練習の為に
お買い物に行こうと思いました。
発作以来使っていなかった
バッチフラワーレメディ(6種)を飲ませ、
お水で薄めた物をお部屋にもスプレーした直後に
回転性の発作が起きました。

初めて発作が起きた時も
バッチフラワーを初めて使った翌日だったので
気になりチロとサクラのクリニックの渡辺先生にも聞いてみました。

「バッチはメンタルのサポートなので、肉体的な作用はまずないと思いますが、
気になるものは避けるがケアの鉄則ですから、
使用しないで様子を見ることにしましょう。」

今後、留守番させる時はホメオパシーの
「Ars-alb200c」のみ使うようにします。

さりげなく家を出ると言っても
勘がいいので気が付かれてしまいます。
どうしたものか・・・

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 16歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。