ご飯の作り方と材料

2010
06/01
*Tue*
CATEGORY : 手作りごはん
電話カウンセリングでアドバイスをいただく前からしている

私流の作り方です。

材料は「トッピングごはん基礎BOOK」を参考にしています。



お魚中心の手作りごはんにしています。

利尿作用がある食材も使っています。



■10日分ほどの豆類(黒豆、小豆→利尿作用がある)、

海藻(おもに昆布)を圧力鍋で柔らかくなるまで加熱。



■キノコ類、お野菜(根、実、葉もの20種類ぐらい)を10日分ほどまとめて煮、

豆類と海藻類と一緒にブレンダーでピューレ状にし

1日分ずつ小分けして冷凍。



■タンパク質

青魚のイワシやサンマ→頭と内臓を落とした骨付きの物を1回分ずつ

カット後、圧力鍋で骨が軟らかくなるまで加熱、冷凍。

しゃけやたらなどの魚は出しで煮たり、焼いたりしました。





作り方



①水分材料(おだしやハト麦茶、豆乳)の中に

炭水化物(リブレフワラーやオートミール)を入れ

火にかけて沸騰したらタンパク質材料を入れます。



②解凍したお野菜と豆類を入れます(温度が下がって好都合)



③冷ましたのち、熱に弱い材料を混ぜ込みます。

オリーブオイル、ガーリックイースト、木酢液など。



電話カウンセリングの後は③の材料に

すりごま、酵素食品・ヤギミルクなども追加しています。



週一鶏レバーを追加。



最近ではハト麦(利尿作用あり)粉、カルシウムも追加(どんどん材料が増えています 汗)



それに比例するようにごはんを食べなくなりました(涙)

匂いを嗅いでしばらくは食べません。

ちょっと食べては休憩の繰り返しで残すことも多いです。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
07
1
2
3
4
6
8
9
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR