--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

2016年の始まりと尿(院外)検査結果のお話

2016
01/05
*Tue*
P1080754.jpg


2016年も始まりました。
今年もよろしくお願い致します。
忙しいお正月でしたが、それなりに充実しておりました。

1月4日にかかりつけの病院に行って来て、
院長先生から検査結果のお話を聞いてきました。

数値的には大変良かったのですが(UPC0.25)
朝一と夕方で数値が違うのが先生にとっては不思議らしく、
今度は夕方の尿で検査してみましょうと言う事になりました。

お友達のわんこちゃんが、2014年に発売された「セミントラ」という
腎臓病に効くお薬で、それまで一向によくならなかったUPCが
劇的に良くなったというのを聞いたので、院長先生に尋ねてみました。
猫用ですが、犬にも使っているらしいです。
まろんの場合はフォルテコールで経過も良いし、
セミントラを使ってかえって悪くなる場合もあるので、
今はフォルテコールでいきましょうと言う事になりました。
セミントラとフォルテコール、2本立てで使っている子もいるらしいです。
それぞれのお薬の説明もしていただいたのですが
難しくてよく分かりませんでしたが、作用が違うようです。
セミントラは新薬でまだ実績が少なく、値段も今よりも高くなります。
フォルテコールの方が発売されてからの実績があるので安心出来ると。

もうすぐUPCが測れる計器を院内にも設置するそうです。
機械が違ってくると、数値も変わるようです。
外注だと検査機関に送るので、採取後2~3日経過した尿を
調べていたのでその違いが無いのか聞いてみたら、
UPCに関しては冷蔵保管していたら日数が経過しても
数値に変化は出ないと言う事でした。
血液にしても尿検査にしても外注よりも院内の方が高いので、
そちらがちょっと気になります。


血液検査に関しては、まろんの負担を考えて
院長先生はあまりしない方がいいのではと考えておられます。
嫌がり方がひどいようです。
ネフローゼの場合悪くなれば数値的には、
血液よりも先に尿に出てくるようなので
定期的に尿検査をしていれば判断出来ると言う事のようです。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 14歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。