--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

術後(2週間目)検査3回目と病理検査結果

2014
05/01
*Thu*
昨日は術後検査3回目に行ってきました。

外注で出していた病理検査も結果が出ていました。

見せていただいた用紙には「悪性の疑い」と書かれています。

20140430病理検査


先生は、手術時に見つかった時も悪性のような口ぶりだったのですが、
ネットで色々調べていたら、犬の卵巣の腫瘍はがん化が少なく
ほとんどが良性なので、きっと大丈夫と思っていたのに何で?

しばらく何も考えられませんでしたが、「疑い」と言うのがせめてもの救いです。
断定ではないので。

今後の治療についてお聞きしました。

●抗癌剤は「未分化胚細胞腫」の場合は効き目が
期待出来ないので使わない。


●肺への転移があるのでレントゲンを定期的に撮っていく。

その時点でがんが見つかった場合はどうするのか聞いたら、
何もしない、飼い主の「心づもり」と言う点での検査。

「心づもり」って何?
何か絶望的なんですけど!

東洋医学か今掛かっているホリスティックケアで
免疫力をあげる治療が効果があるかもと言われました。

西洋医学では何も出来ないと言う事なんですね。

昨日は心が折れそうでしたが、一日経ち今は
まろんにとって何が一番いいのか考えようと思います。

辛い治療はしなくていいかな。

痛みや辛い症状をケアしていく、これでいいのかも。

私はホリスティックケアの治療を別のところで受けていたから良かったけど、
他に何もしていなかったら何か見放されたような感じで困っていたかも。

最初にオリモノが出た8月の時点で手術をしていれば
こんなに卵巣は大きくなっていなかったと思うし、
色々後悔する事はあります。

全身麻酔による手術後のネフローゼの悪化の心配があり、
先生も積極的に手術を勧められなかったし、
お薬で抑える事が出来るので様子を見ましょう、
そしてヒート&先生のお怪我で手術が延期。

ヒートと思っていたのも、違っていたんだと思います。

今から思えば、脱毛も卵巣の影響での症状だったのかも。

そしてお腹が何となく腫れているような感じもありました。

卵巣の腫瘍は超音波やレントゲンで見つける事は難しいらしい。


血液検査の結果(クリックで大きくなります)
20140430血液検査

前回とほとんど変化はありません。
クレアチニンに関しては、もっと悪い数値の時もあったので
そんなに今は心配していません。

COMMENT

まろんちゃん、ご心配のことと思います。
私も3年前に心臓病で愛犬のチワワを7歳半で亡くし、それからわずか10日後に同じ年のチワワ(海)が同じ病気であることが分かり1年近く悩みましたがなんとか手術に踏み切り成功、これでほっとするかと思ったら10ヶ月後に柚子が発病(未病と言われましたが)と次から次へと試練がやってくるという感じです。
でも最初の子を亡くしたときは私も何も出来ずただ落ち込むだけでしたが少しずつ現実を受け止めながら自分なりに何か良い方法は無いかと探ることが出来るようになりました。
そして西洋医学一辺倒だった考えも変わってきました。
まろんちゃんもきっと渡辺先生が良い方向に導いてくださるとお思います。
最近は病気を治そうというよりも病気と上手に付き合っていくのも一つの考え方かなと思うようになりました。
病気でも元気ならその状態がずっと続けばいいのだからと。
不安なshokoさんのお気持ちは痛いほど分かります。
実際私も不安の中にいます。
でもネフローゼでも元気に頑張っているまろんちゃんを信じてあげましょうね。


2014/05/03(土) 09:40:06 | URL | ママリーヌ #- [Edit
ママリーヌさんへ
温かいコメントをありがとうございます。

ママリーヌさんちのわんこちゃん達も色々とあったのですね。
そう、病気を受け入れてその子にとっての最善の治療をしてあげるって事が大切なんですね。
西洋医学は、優れている点も多いし否定するつもりは全然無いのですが、やはり限界があると思っています。
他も併用しながら上手に病気と付き合っていきたいと思っています。

本当に精神的に参っていた(気づいたら涙が勝手に出てる)のですが、私がこんなのではいけませんね。
まろんは明るく元気で、体中で喜びを表現してるって感じなので、見習いたいと思います。
2014/05/03(土) 15:40:23 | URL | shoko #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。