--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

避妊手術当日

2014
04/17
*Thu*
朝、10時前にまろんを預けに病院へ。

受付での会話(ご飯や飲み物を摂ってませんね?と聞いていた)で
分かったのですが、今日手術予定のパピヨンちゃんもいました。

前回、手術の予定時間を聞いた時に、1件他に手術が入っていると
聞いていたので、その子なんだなと思いました。

飼い主さんに手術するのですかと聞いたら
「去勢手術なんです」と。
男の子なのね。

先生との診察で質問などありませんか?と聞いて下さって
麻酔についてお聞きしたいことを思い出したので聞いてみました。
こちらの院長先生はどんなに混んでいても、
いつも時間をかけて丁寧に説明して下さいます。
去勢手術のパピヨンちゃんは他の医師でも出来るので
先に手が開いた方から手術に入るらしいです。
診察室でまろんを預けて、奥の方へ連れて行かれました

待合室にいると、ワンコの鳴き声が聞こえてきました。
まろんなのかな?
ケージに入っているのかな?

受付で内金を収めて、例の同意書を記入して帰りました。


お昼頃から、手術中に呼ばれてもすぐに駆けつけられるように、
病院近くのショッピングモールで時間をつぶしました。

後の手術でも、1時ごろから開始するみたいだから
たぶん手術も終わった頃だろうしと2時過ぎに家に帰ってきました。

まろんが家に居ない状況は初めてで、変な感じです。
あまり考えなくていいように、家事に没頭しました。
一瞬、まろんが家に居ない事を忘れてしまい
「あれ?まろんちゃんは?」と何度も思っていました(笑)

2時半頃、携帯の呼び出し音にびっくりして出たら
受付のお姉さんで、腹腔鏡手術では無くて開腹手術になった事、
今は歯石手術をしていて今日は入院になる事を教えてくれました。
腹腔鏡手術については後で院長先生から説明の連絡がありますと。

夕方面会に行くので、その時に説明してもらうようにしました。


面会時にホメオパシーのお薬を与えるので、
出来るだけ麻酔が覚めた状態がいいと思い、
診察終了時間ぎりぎりの7時前に行きました。

初めて入る病院奥の入院室。
まろんちゃんと感動のご対面。
しっかり立っています。
何かビックリ。
開腹手術なので、寝たきりと思っていたのに立って、
おまけに私の顔を見ると尻尾まで振っています(涙)
ワンコってこんなに回復が早いの?
格子越しに撫ぜたり声をかけました。
立っていたら疲れるだろうから、指示を出して座らせました。

院長先生は他の患者さんの診察中で
終わるまでそこでしばらくまろんと一緒に居ました。

院長先生に「お電話ではどこまで聞かれましたか?」と
言われて何か嫌な予感がしました。
取り出した子宮と卵巣を見せていただいたのですが
片方の卵巣が大きくなっていて開腹手術になったらしいです。
卵巣嚢腫」という言葉を言われました。
病理検査に出すそうです。
「もう少し手術を早くした方がよかったかもしれませんね」
もしかしたら「」って可能性もあるって事?
手遅れって事!!!
急に気分が悪くなって、立っていられなくなりました。

ホメオパシーのお薬は今日は止めて2.3日後から飲ませるようにと
言われたのですが、Opeサポートである事を言ったら考えてくれて、
そしてまろんの状態が良いので連れて帰っても大丈夫だろうと。
(実はお願いしようと思ってキャリーバックも持って来ていたんです)

いつもの3分の1ぐらいの量のご飯を食べて吐かなかったら、
2時間後ぐらいにホメオパシーを与えて下さいと言われました。

帰って来てケージに入れたらすぐにおしっこをしました。
もう8時近くになっていたので、急いでご飯の用意をしました。
なかなか食べ始めないので、手に付けて舐めさせたら食べました。

吐き気も無くホメオパシーも与えることが出来て安心。

ケージの中に入れていたのですが、
途中から出てきて私の傍のクッションで寝ていました。

P1010929.jpg





P1010933.jpg


やっぱり連れて帰って来てよかったと思いました。
病院の入院室は他のワンコや猫でいっぱいだったし、
一晩あそこで過ごすのはストレスになったと思います。


次は明後日に診察予定です。
痛み止めの液体(朝服用)を6日分処方して頂いています。



手術前にした血液検査の結果(クリックで大きくなります)
201404017血液生化学検査


(クリックで大きくなります)
20140417-1血液学検査


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 14歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。