--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

まろん電車に初めて乗る

2013
04/25
*Thu*
先日初めて電車と新幹線に乗る事になりました。

まろんは止まっている車でも酔うぐらい乗り物に弱く、ここ4年ほどは車にも全然乗せていなかったので、チロとサクラのクリニックさんに相談をして酔い止めのレメディを考えていただきました。




  ①Cocculus→吐き気の改善が期待できるレメディー
          出かける2日前から当日までとる  
          一粒を4ccの水に溶かし2ccずつ一日2回


  ②Aconite→①レメディーだけでは不十分なメンタル面に作用する不安改善のレメディー  
          一粒を4ccの水に溶かし2ccずつ車中で5分ぐらいあけて2回服用



ペットカートを新しく購入したので、ちょっと前に練習を兼ねて電車に乗ってみたのですが
「クンクン」と泣きっぱなしだったので、もう冷や冷やして一駅だけ乗って帰ってきました(笑)

荷物が多くなり手で下げるかばんは持てなくなったのでコロコロのついたキャリーカート(人間用)にしたら、ペットカートと両方では歩けなくてまろんを布製のキャリーバックに入れ、肩から斜め掛けすることにしました。

このキャリーバックはよく使っているのですが、袋を閉めると普段は泣き叫ぶので電車には使えないと思っていたのですが、袋を閉めて顔を隠しても全然嫌がりませんでした。
(ペットカートも顔を出していたらご機嫌でした)

もしかしたらその時点でレメディーが効いていたのかもしれません。

新幹線内ではデッキ部分にいようと思っていたのですが、一言も泣く事もなく大人しかったので、途中からまろんをカバンごと膝の上に乗せて座る事が出来ました。

泣くことは全然無かったのですが、途中あくびをし出したので②のレメディ(Aconite)を2回に分けて飲ませました。
飲ませた後に袋を閉める時も普段ならすごく嫌がるのに、大変大人しくしていました。
地下鉄も乗れたし、ちょっと自信が付きました。

電車の乗り換えで、エレベーターが無くてエスカレータしかない所もあったので、結局キャリーカートとキャリーバックしにて良かったと思いました。

後で思ったのですが、人間用のキャリーカートにわんこのハードキャリーを乗せているのを見たことがあるので、それも身軽でいいなぁと思いましたが、今回はキャリーバックで抱っこ状態に近いのでそれもまろんにとっては良かったのかもしれません。

COMMENT

止まっている車でも、酔うくらい…だったのに、
酔い止めのレメディーの効果、抜群ですね。

まろんちゃんが、辛くなくて良かった!

我が家のビビも過去に数回、電車1駅をキャリーバックに入れて、往復したことがありましたが、やっぱり顔を出さないでいるのは、イヤなようで、1駅間をちゃっかり顔だけを出して、乗車しちゃいました。
(たった1駅間でも、小荷物代金(←JRは、小荷物と呼ぶ)が発生しますよね。そして本当は、顔を出さないようにしなければならないのだけど)

電車と新幹線の長時間、shokoさん・まろんちゃん
お疲れさまでした。
2013/04/30(火) 12:59:59 | URL | kumiko #- [Edit
失礼しましたm(__)m

《小荷物》ではなく、
『手回り品』でした
(でもなんか、納得いかない名称…)
2013/04/30(火) 13:05:51 | URL | kumiko #- [Edit
kumikoさんへ
ビビちゃんって言うお名前なんですね。
可愛いらしい。
ビビちゃんも乗り物に弱いのですか。
まろんも慣れるために、以前は車で5分ほどの所にお散歩に行ったりと練習しましたがダメでした。
病気になってからは、もう車に乗れなくてもいいやぁという感じで諦めていました。

電車の方が車よりも酔いにくい気はしますが、今回の旅が成功してちょっと自信が付きました。
今回効かなかったら、次回は違うレメディを処方すると言われていたので、色々あるみたいですよ。

一駅だけだと、わんこの方が人間よりも高い切符代になりますよね(笑)
新幹線よりも、在来線の方が通路にも人がわんさといるので気を使いました。
2013/05/02(木) 01:53:14 | URL | shoko #WG3/H9bE [Edit

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。