--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

院外フィラリア・パルボ・ジステンパー・アデノ抗体、血液検査結果

2012
05/22
*Tue*
結果が出たと、今日お電話をもらって、ちょうどお休みで電位治療に行く所だったので
まろんには可哀そうですが、一緒に病院に行って検査結果をもらってきました。


 ・15項目血液検査結果

 ・フィラリア抗体検査結果→陰性
  予防薬6回分(40日間隔で飲ませているので)

 ・ジステンパー→512倍・パルボ→256倍・アデノウイルス→IgG3倍 

 ・降圧剤(Enacard)1日おき 2か月分

 ・血液溶解補助食品(Luw-Wan)3日おき 2か月分





血液とフィラリア抗体検査結果(クリックで大きくなります)
2012.5.14 血液フィラリア外注検査


1年前検査機関で調べたデーターが一番右端。
真ん中の「成績」が今回のデーダーです。

結果かなりいいそうです。

特に、クレアチニンは良くなることは無いそうなんですが、
下がっていて先生も驚かれていました。



3種ワクチンの抗体検査も今の所では、抗体があるので大丈夫だそうです。

「長期の防御能を期待するには、もう少し高い抗体価が必要です」と検査表には書かれています。

5年前の2007年に6種混合ワクチンを打ったのが最後だったので
もう抗体は無いかもしれないと思っていたのに、案外長い間あるのですね。

ワクチンを打つよりも、抗体検査を調べる方が確かなんだそうです。
打っても抗体ができない子もいるそうです。

もっと安価だったら、抗体検査もどんどん浸透して
過剰なワクチン接種をしなくて済むのにと思います。


今日は院長先生だったのですが、
「この調子だと半年に一度の検査でいいでしょうと」言ってもらえました。

お薬は2か月分以上出すのは出来ないそうなので
調子が良ければ2か月後にお薬だけもらいに行ったらいいそうです。

いつも診ていただいている若い先生だと、たぶんこうはいかなかったと思います。

検査を大事にされるので2か月毎に尿検査は必須。

その結果によって血液検査も実施するか判断。



病院の後に電位治療に行って、その後公園でお散歩して帰りました。

カメラを持って行ってなかったので、携帯(トワイライトモード)で撮影。
7時を過ぎているからかなり暗いですね。

CA3G0206.jpg


CA3G0207.jpg



今日は珍しくパピヨンに何度か出会いました。

まだ子犬のパピヨンもいて、芝生の上を転げまわるように
走っている姿が本当にかわいくて愛らしくて
リードを持っているのが小学生ぐらいの子供さんだったので
二人で楽しそうにはしゃいでいて微笑ましかったです。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。