This Archive : 2017年07月07日

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

発作繰り返す

2017
07/07
*Fri*
IMG_0954.jpg


5日は夜9時頃病院から帰って来て、遅めのご飯を食べて
寝て目覚めてすぐの
<夜10時過ぎ4回目発作(★★)>←★の数で強さを表現


<翌日6日(木)15時頃(★★★)>寝ていたら、すごい勢いで横に回転し出して
頭を打ちそうで危なかったので安全な場所に移動させてから、
タブレットで動画撮影した物を、チロとサクラのクリニックさんに見ていただきました。

発作時の最後におしっこ、ウンチ、嘔吐をしました。
ちゃんとシーツの所まで自分で行ってしています。

ホモトキシコロジーの注射液
脳・神経浮腫、脳・神経炎、肝熱の放散、炎症サポート、
抹消血流循環改善のコンビネーション

を送っていただく事になりました。

脳の炎症が一過性であれば今回のホモトキシコロジーで改善があるようですが
続くようだったらステロイドも必要になってくるようです。



発作を起こした時の不安やパニックを解消するAconite(乗り物酔いの車中用)
のレメディー
も使うとよいと言われました。


カルシウムの低値については↓のように回答して頂いています。

+++++++++++++++++++++++++++

カルシウムは発作やストレスがかかると、
消耗が激しくなるため、一時的に血中濃度が減少したためと思います。
カルシウムを含まない食事を食べているわけではないですから
欠乏になることはありませんが、
消耗分を補うためにミネラルを少し添加してあげて
ビタミンD(魚に多く含まれます)を多く含む食材と
1日15分の午前中の日光浴をしてあげるとカルシウムの吸収が良くなります。
カルシウムの項目は高カルシウムだと腫瘍の疑いや
ホルモン性の疾患の疑いがあるという指標となります。
基準値少し低いくらいのカルシウム低下はそう心配ありません


+++++++++++++++++++++++++++++


発作が頻回になると脳の酸素が多量に使われ、
ミネラルやビタミンの消耗も激しくなるので、
酸化が進み多臓器にも影響してしまうそうです。


てんかんの疑いの時には抗てんかん薬を使うようです。
意識があり、四肢の痙攣がないのでてんかんの可能性は低いと思うけれど
今度の先生にも動画を見てもらってくださいとアドバイスがありました。


<夜10時頃(★)>軽い発作、フラフラまっすぐ歩けない状態
Aconite30c」2回に分けて飲ます。



<夜11時20分(★)> 立ちながら傾いて歩く、よだれ、パンティング


<翌日7月7日 朝7時頃(★)> 抱っこすると安心落ちつく
(発作によっては触ると怒る時もあった)


↓まろんの様子

・視力の低下を感じます。

・起きている時、尿の回数が増えています。

・昼間は寝てばかり、夜なかなか寝ない。

・機嫌が悪い時があり、触ると嫌がる、いつものホメオパシー液の経口投与が出来ない。



IMG_0955.jpg
朝私のベッドでぐっすり寝ている時、平和な時間です。
夜うろうろしてベッドから落ちて危ないので、ケージに入れたのですが
2日間ずっと泣いてお互い寝れないので諦めました。
周りにクッションを置いてガードしています。
スポンサーサイト

Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
07
1
2
3
4
6
8
9
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。