This Archive : 2017年03月

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

長期のえずき(白い泡状の胃液)

2017
03/06
*Mon*
手作りご飯が切れた1月20日にスーパーで購入した
ウェットフード(初めて食べる)を与えたら翌日何度も食べた物を嘔吐しました。
その後4日間ぐらい与えたドッグフード(ナウフィッシュアダルト
3回目ぐらい)は、調子が良かったです。


その後、手作りご飯を食べ始めた1月の後半ぐらいから
明け方にえずくことがありました。
白い泡状の胃液です。
2月に入ってからは下痢嘔吐用のホモトキ「Gastricmeel」を
ご飯時に入れていたのですが効果ありませんでした。
ほとんど明け方1回なのですが、
一度(2/20)は夜中から明け方まで何度もえずいて心配しました。
2回目にえずく前に下痢嘔吐用のホメオパシー「Ars-alb30c」
与えてみましたが効きませんでした。
ホモトキよりもホメオパシーの方が効き目が強いようです。

日中元気はとてもあって、ご飯もモリモリと食べていて足りないぐらいです。

以前にスーパーの食材でご飯を作った時には食べた物を嘔吐して軟便も続きました。

今回の食材は鮭アラはいつものお魚屋さん、レバーもいつもの百貨店、
お野菜だけいつもの百貨店と、一部は以前に嘔吐したスーパーの物です。
スーパーは人間用の食材を購入している所です。

今回は、いわしの頭(いつものお魚屋さんで何度も食べています)も入っています。
エラを取ってくださいと言うのを忘れたので、もしかしたらエラが入っていたのかもしれません。

手作りご飯が原因か確かめたかったので
何度もえずいた2月22日以降はドックフード(アカナ魚ベース 初めて食べる)で過ごしました。
最初は調子よかったのですが、5日目に胃液を嘔吐しました。
乳酸菌と下痢嘔吐用のホモトキ「Gastricmeel」も一緒に与えていました。
食材ではなさそうなので、アカナが終了した3月2日から手作りご飯は再開。

明け方胃液を戻す事が多いので、空腹で起こっているのかなと
朝早めにご飯をあげたりして様子をみています。

3月1日、尿提出とお薬を頂きに病院に行った時に様子を伝えたら
体重が減っているとか元気さとかに変化があれば
病院に連れて来て下さいと言われましたが
とても元気で体重も減っていないので
春のフィラリアと血液検査で病院に連れて行く時に診ていただこうと思います。
スポンサーサイト

定期検査と胃酸過多<UPC尿院外検査(3/1)>

2017
03/07
*Tue*
尿院外検査結果が出ましたので、かかりつけの病院に行ってきました。



 3月1日9時頃(朝二、朝一は4時半頃)採取の尿院外検査結果 


 尿中タンパク  69.9mg/dl
 尿中クレアチニン  119.3mg/dl 
 UPC  0.59(基準値0~0.50)


 ・ファモチジン(H2阻害薬)2錠→1日1回1/4錠 8日分



少しオーバーですがまずまずの数値です。


今日は院長先生からお話を伺えたのですが
(尿を提出した3月1日は受付の女の子が先生に電話でまろんの様子を伝えていて
私は先生と直接お話はしておりませんでした)
えずきの件をもう一度言ったら、先生はえずきだけで戻していないと思っておられたようで
月に一度ぐらいなら心配が要らないけど、週一ぐらいもあるのだったら
腎臓病からくる胃酸過多の状態なので「ファモチジン」を飲ませた方がよいと言われました。
副作用も少ないと言う説明でした。
8日分処方して頂きました。
こちらのお薬はよくなったからと言って急に止めるのはダメらしいです。
徐々に切って(半量や一日おき)いくそうです。

ネフローゼの症状は初期に浮腫みがあったぐらいで、
今まで何も無く元気に過ごせてきましたが
ついに来たかという感じで落ち込んでおります。
でも、元気なのでそれだけが救いですが、
おぇ~と苦しそうなのは見ていてとても可愛そうです。


今日お薬が出なかったら、検査代やいつものお薬代は3月1日に支払い済みなので
本日は無料の予定でしたが、お会計は1790円かかりました。
そのうちお薬代(ファモチジン2錠分)は90円のみ。
1700円は再診料と処方料です。
まろん無しでこのお値段なので、まろんを連れて行っていたら
再診料が高くつくのでもっとと言う事になります。
前回、尿を提出した日に今回のお薬も出していただいていたら
1700円は必要なかったのにと思うと、
ネットでお薬を購入したいなと思いました。

掛かりつけ獣医とホリスティックケア獣医の見解の違い

2017
03/08
*Wed*
P1020711.gif




UPC検査結果をチロとサクラのクリニックさんへお知らせするので、
まろんの様子とファモチジンの事も一緒にメールでお伝えしました。

すると渡辺先生は、腎臓病で胃炎や潰瘍が出来るのは、
尿素窒素が優位に高いのが原因なので、
今のまろんの数値からは考えにくいと言われました。

そしてホモトキタブレットGastricmeelと西洋医学のお薬ファモチジン
効能が同一で、腎臓病性胃炎の場合Gastricmeelもよく効くので
今まで使っていても効果が表れなかったと言う事は
腎臓病からの嘔吐では無いのではと。

食事不耐性や物理的な原因(異物を飲み込んだなど)ではないかと。

その場合はGastricmeelとファモチジン両方とも一定以上の効果は出ないそうです。

食材か異物かとなると、怪しい手作りご飯はドックフードをしばらく食べた時も
嘔吐があったので、異物が原因と考える方がいいのかもしれません。

まろんはかじる癖もないし、落ちている物を食べたりもしなのですが
本当に異物が胃にあるのなら、かかりつけの病院に行って調べてもらう事になります。

渡辺先生は、しばらく食材に気を付けて過ごし
それでも改善されなければ、消化器に詳しい先生を受信した方がいいと言われました。

Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
03
1
2
3
4
5
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。