This Archive : 2010年03月

ネフローゼの診断 @病院

2010
03/02
*Tue*


2006年3月2日(火)



肺炎の完治を調べる為にレントゲンと血液検査をしました。

肺炎はすっかり良くなっていました。



ほっとしたのもつかの間、血液検査で「アルブミン」の値が1.2と低く先生から

ネフローゼの疑いがあるからと飲み薬を勧められました。

ネフローゼって名前を聞いた事があるぐらいでどんな病気かも知りません。

疑いだけでお薬を飲む事に抵抗を感じました。

私自身がお薬の副作用を敏感に感じてしまう方なので

今の元気なまろんを見ていると、とても病気とは思えず

もう少し様子を見させてほしいと言ってお薬を飲むのは断りました。



翌日朝取った尿を持って検査していただいたら

蛋白が出ていました。

念のために外注でも検査に出しました。


ネフローゼとは?

2010
03/03
*Wed*
CATEGORY : その他
ネフローゼについてネットで調べました。



まず目に飛び込んできたのは「一生治らない」と言う事です。

大変ショックでした。



いろんなサイトを見たのですが、分かりにくくて

人に説明するのも難しかったのですが

こちらのサイトの説明が大変わかりやすかったのでリンクしておきます。



ネフローゼ症候群.com カテゴリーの「ネフローゼ症候群とは」を参照



病名について詳しく調べるには腎生検するようですが

まろんはしていないので分かりません。



体を冷やさない方が良く、安静(犬には難しいです)を心がける。

とても元気だったので運動制限は出来ずにいました。

もしかしたら @病院

2010
03/08
*Mon*


2010年3月8日(月)病院



外注で出した尿検査の結果を聞くために病院に行きました。

尿中蛋白が1028mg/dlと大変高かったようです。

先生からネフローゼの症状(下痢、嘔吐、ふらつき、食欲不振)などはないですか?

と聞かれたのですが、まろんは大変元気で食欲もあってとても病気とは思えない状態でした。

手作りごはんもモリモリ食べて体重も増えてきていました。

先生ももしかしたらアルブミンの値も上がっているのかもと

血液検査をしたら変わらず1.2と低いままでした。

先生もまろんの状態を不思議がられて

病院の機械の調子が悪いのかもと外注で血液検査を出されました。



ネフローゼの症状がないまま、お薬を飲むのはやはり出来なくて

もう少し様子をみる事にしました。

こんなに元気なのでもしかしたら自然に良くなるのではないかと思っていました。

遂に @病院

2010
03/16
*Tue*
体重(肺炎の時は2キロを切っていたのが2.7キロに 普段は2.3キロ)も

増えてきて相変わらず元気に過ごしていたまろんでしたが

なんだかお腹が膨れてきたのが気になりました。



ネフローゼの症状の腹水?かなと心配になり

セカンドオピニオンとして別の病院に行ってみました。

血液検査の結果ではアルブミンは1.0以下で測定不能(涙)

超音波検査で腹水が溜まっている状態を確認できました。

先生には「もう長くないですよ」「ステロイドを使うと延命出来ます」と言われました。

利尿剤(フロセミド錠)だけいただいて帰ってきました。



お薬を飲む事に抵抗していた私でしたが

やっとネフローゼだと認めて治療していこうと思いました。

その足でかかりつけの病院に行って

治療薬の事を聞きました。

ステロイドは使わない、もう長くないと言う事はないと言ってもらえました。

お薬は心臓のお薬の降圧剤ENACARD錠)と

血栓予防のサプリメントLun-Wan錠)がネフローゼにはよいと言う事でした。

それぞれを1日1錠づつ飲みました。





腹水で体重が2.7キロもあった頃。お腹周りに幅がありますね。

それでも、公園ではボールを追いかけて走りまわっていました。

足もとにコングが少し写っています。



P1130265.jpg




ホメオパシー

2010
03/17
*Wed*
この頃にお友達から「ホメオパシー治療」を教えてもらいました。

西洋医学のお薬に対して副作用を心配していたので

早速図書館でいろいろお借りして調べてみました。

自分でレメディを選んで飲む事も出来るみたいですが、

まろんのような腎臓病の場合は危険なので専門の方に

選んでもらわないといけないみたいです。

県内にあるホメオパシー協会に問い合わせをしてみたら

ペットについては出来る人がいないと言う事で

残念ながらホメオパシー治療は無理かなと言う結果になりました。



<追記>後で分ったのですが、電話カウンセリングで

お薬を処方してもらえる所もあるようです。

利尿剤の効果

2010
03/20
*Sat*
2010年3月20日



利尿剤を飲み始めて2.3日で腹水は良くなりました。

お薬は1週間分ぐらい出ていたのですが

体重が2キロを切ったので心配になり病院に電話をして

利尿剤を一時中断させてもらいました。

体はガリガリになり、腹水だけで体重が増えていたようです。

後で先生に言われたのですが、連絡をもらってよかったと。

効きすぎ状態だったようです。



体が軽くなったせいか、ボールを追いかけて走る

スピードが速くなり、若い頃に戻ったようでした。

ガリガリでもものすごく元気で活発に過ごしていました。

トッピングごはん基礎BOOK

2010
03/28
*Sun*
CATEGORY : 手作りごはん


ドッグフードに戻すつもりでいたのですが

ネフローゼには手作りごはんが良いと聞いて

我流ではなくちゃんと勉強しようと思いアマゾンで

レビューがよかったこちらの本を1冊購入。



トッピングごはん基礎BOOK



img376903dczik1zj.jpgドッグフードにトッピングの他に

完全手作りも掲載されています。

食材の効能とかすごく勉強になりました。



水分・酵素・解毒力の必要性。

自然治癒力を高めると言う忘れかけていた事を教えていただけました。



ホモトキシコロジー治療へと繋がった一冊です。









こちらの本を読んで勉強させていただいて感じたことは、以前のまろんの食事は水分が少なかったと言う事。

カリカリはそのままであげていました。

お水はあまり飲まない子だったので、水分不足になっていたんじゃないかな。

反省です。

アルブミン上昇 @病院

2010
03/29
*Mon*
降圧剤とサプリメントを飲み始めて2週間ぐらい経ち病院へ。

血液検査ではアルブミンが前回(3/16)よりも上がり1.3と少し高くなっていました。

とても良い兆候です。

次回の病院は2週間後。

降圧剤は変更なし、サプリメントだけ2日おきに変更になりました。





P1130328.jpg





いつも間にか桜のつぼみがついていました。



P1130315.jpg


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
03
1
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
18
19
21
22
23
24
25
26
27
30
31

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 15歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR