This Category : ホモトキシコロジー・ホメオパシー

ホメオパシー

2010
03/17
*Wed*
この頃にお友達から「ホメオパシー治療」を教えてもらいました。

西洋医学のお薬に対して副作用を心配していたので

早速図書館でいろいろお借りして調べてみました。

自分でレメディを選んで飲む事も出来るみたいですが、

まろんのような腎臓病の場合は危険なので専門の方に

選んでもらわないといけないみたいです。

県内にあるホメオパシー協会に問い合わせをしてみたら

ペットについては出来る人がいないと言う事で

残念ながらホメオパシー治療は無理かなと言う結果になりました。



<追記>後で分ったのですが、電話カウンセリングで

お薬を処方してもらえる所もあるようです。

ホモトキシコロジー

2010
04/14
*Wed*
トッピングごはん基礎BOOK」の著者の阿倍佐智子さんから

ホモトキシコロジーと言う現代版ホメオパシー治療を教えていただきました。

初めて聞く名前でした。

ホメオパシーよりも副作用が少ないお薬で

腎臓病にはかなり効果があるようでした。

もう私の中ではその時点でこれをやってみようと

殆ど思っていたと思います。

直観的にそう判断しました。

西洋医学では症状を抑えるだけで根本的な治療ではなく

ネフローゼについてはまだよく分かっていない部分が多いので

他も試してみたいと思っていました。

通わなくても電話カウンセリングでお薬を処方していただけるところを

紹介していただきました。



阿倍佐智子さんのブログ 

ナチュラルケアで犬猫ちゃんを世界一 ! 幸せにしよう♪ 」

ナチュラルケア情報満載のメルマガ登録もありますよ~

チロとサクラのクリニック

2010
04/21
*Wed*
阿倍佐智子さんから教えていただいたクリニックとお電話でお話をしました。



後日に日を決めて1時間から1時間半ほど電話でカウンセリング。

それまでに問診票が送られてくるのでそちらを記入し

必要な検査結果も添付、病気の経歴なども一緒に送りました。



当日は記入した問診票をもとにお話を進めていきます。

そして手作りごはんの内容についても詳しくアドバイスをしていただきました。

質問ももちろん聞いていただけます。



直観的に始めたホモトキシコロジー治療でしたが

電話カウンセリングを受けてよかったと思いました。

先生も優しくて、こちらの事もよく考えて下さいます。

資料などを郵送で送っていただいて

内容を確認後、納得したら治療を始めます。

ひと月分の注射(経口投与も可能)とタブレットを送ってもらい治療開始です。

注射(週一)は最初だけかかりつけの病院でしていただいて

その時に先生にやり方を教えていただいて

後は自分でしようと思っていたのですが

途中でまろんが動いて針が外れてしまい

結局残りの3回は経口投与になりました。





チロとサクラのクリニック 渡辺由香獣医師

ホリスティックケア専門クリニック

西洋医学との併用が可能です。

渡辺由香先生は「トッピングごはん基礎BOOK」の監修を担当されています。

電話カウンセリング

2010
04/28
*Wed*
まろんのお誕生日がカウンセリング日でした。

和やかにお話はすすみました。

病気の事、お食事の事など1時間ぐらいお話ししました。

まろんに合わせたご飯の材料、量など詳しく決めてもらいました。

資料を送っていただいて確認後、納得したら

治療を始めますと言う事でしたが

もう始める気でいました。

これでよくなったらいいなぁと期待していました。


定期健診とホモトキシコロジー治療開始 @病院

2010
05/12
*Wed*
ちょうどこの日はホモトキシコロジー治療薬が届き、

仕事もお休みだったので、ちょっと早かったのですが

かかりつけの病院に行ってきました。



血液検査の結果、アルブミンが前回(4/14)の1.4から1.7に上がりました。

先生も本当に驚いておられました。

最初の頃に、お薬はいずれ止める事は出来ますかと

訊ねた時は、そういう可能性もありますと言うお返事だったのですが

今から思うと先生の中ではたぶん無理だと思っていたようですが

私に希望を持たせてくれたんだと思います。



でも、今だんだん数値が上がってきて可能性として

お薬は止められるかもと本当に思っています。



ホモトキシコロジー治療を併用したいと言う事も

お話ししてみました。

先生も初めて聞く名前だったようですが

快く了解していただけました。

そしてお注射もしていただきました。

ただ、送っていただいた注射針が掛かり付けの病院で

使っているものよりも太かったので、いつもの大きさのに

変更して打たれました。

注射の仕方も伝授。

難しそう~



次回は1ヶ月後です。

尿を持っていく事。



ホモトキシコロジーのタブレットは炎症サポートのTraumeelと

リンパサポートのLymphomyosotを1日2回を交互に服用。

尿検査の結果とホモトキシコロジー注射の投与 @病院

2010
06/21
*Mon*
前回、外の機関で調べてもらっていた尿検査の結果を聞きに行きました。

結果は留守電の方にいれていただいていたので分っていたのですが

報告書をいただきたかったのと

ホモトキシコロジーのお注射を来たついでに打ってもらおうと思ったので。



今回、チロとサクラのクリニックから前回よりも

細い注射針を送ってもらったのですが、

かかりつけの病院ではそれよりも細いのを使っているようで

最初、先生が送っていただいた方の注射針で打とうとしたら

痛がって暴れたそうで、いつもの細い方に変えたら

最後まで大人しくしていたそうです。

先生でも無理なので、私では絶対に無理ですね。

なので自宅では経口投与にしようと思います。









尿検査の結果



*尿中タンパク 182.7mg/dl(参考値0.0~100.0)



*尿中クレアチニン 115.8mg/dl(参考値190.0~350.0)



*比率 1.58(参考値0.5以下)

 





まだ、正常値ではないですが前回の尿中タンパク1028.1mg/dl

比率 5.26と比べたらかなり良くなっていると言われました。


尿検査の結果とホモトキシコロジー注射の投与 @病院

2010
07/23
*Fri*
前回の定期検査(7/15)の結果を元に「チロとサクラのクリニック」から

ホモトキの注射液(Coen,Ubi,Soli,Apis,Lym)と

タブレット錠(Traumeel 炎症サポート)が届いたので、

尿検査の結果を聞くついでに注射を打っていただこうと

思い、かかりつけの病院に行ってきました。











尿検査の結果 [ ]内は基準値 ( )内は前回6/21の値



*尿中蛋白 [0~100]244.8mg/dl(182.7mg/dl)



*尿中クレアチニン[190~350]311.1mg/dl(115.8mg/dl)



*尿中蛋白/クレアチニン比=[0.5以下]0.79(1.58mg/dl)

 

前回(6/21)に比べて蛋白の値は高くなったものの

比率が下がったのでよい傾向だそうです。





下痢の方もまだ完ぺきにはよくなっていません。

病院に来るたびに注射をしているので

ストレスから下痢になっているのかもしれないですねと言われました。





そしてホモトキのお注射。

奥に連れていかれたのですが、鳴き声が聞こえていました。

毎回可哀想ですが、病気を治す為だし頑張ってね。

ホモトキ液は週一あるのですが、残りは経口投与でいこうと思います。

私ではやっぱり注射するのは無理だと思うし、

毎週病院通いもストレスになると思うので。





病院の帰り、ちょっと遠いけど広い芝の公園までお散歩に行ってきました。

嫌な事の後だから、ちょっとでも楽しく過ごしてほしいので。

コングを追いかけて楽しく遊べました。

もっと遊びたいところですが、蚊に刺されまくったので断念しました。







満足げなお顔(@携帯)

CA3G0073.jpg









7時を回っていたのでかなり暗いです(@携帯)

CA3G0074.jpg


ホモトキタブレット

2010
08/28
*Sat*
8/21の定期検査の結果を元に

チロとサクラのクリニックからお薬が届きました。



経過が良好なので今回お注射(経口投与可能)はお休みで、

炎症タブレット(Traumeel)と念のため腎サポートタブレット(Reneel)を

1/2錠ずつ一日2回(朝晩)を一日おきに交代で飲む事になりました。





波動検査

2010
09/15
*Wed*
ちょっと前になるのですが、今回尿検査の結果がおもわしくなかったので、

チロとサクラのクリニックの渡辺先生から「波動テスト」を勧められました。



波動テストって???・・・感じだったのですが、

体毛を少し切り取り、使っているお薬と共に検査機関に送って

検査するので、まろんに負担がかからなくていいなと思いお願いしました。

血流や血圧の影響、薬があっているかの検討が出来るそうです。



結果は先生も驚くほど良くて(笑)このまま今の治療を続けていけばいいみたいです。

検査結果の用紙は郵送して下さり、内容についてはお電話で説明していただきました。

通う事は出来ないですが、いろいろと相談にのっていただけるので心強いです。





P1140098-1.jpg

ホモトキタブレット

2010
09/22
*Wed*
今回の尿検査の結果をチロとサクラのクリニックにお知らせしたら

前回と大きな変化が見られなかったので

ホモトキのタブレットを現状維持と言う事になり

送っていただいたものが本日届きました。



Traumeel、Reneelのタブレットをそれぞれ隔日投与。






先日の波動テストと合わせて今後のケアは



①半年ごとにホモトキのデトックスをして老廃物の排泄を高めておく事。→次回12月予定



②調子の悪いとき(元気や食欲の大幅な低下、血液検査・尿検査の悪化)はホモトキの炎症サポート、腎サポート



③いままでどおりのホモトキタブレット(炎症サポート、腎ケアサポート)





クリニックのパンフレットを見ていたら「マンマリゾ」のフードを取り扱っていたので

タブレットを送ってもらうついでに同封していただきました。

猫ちゃん用しか手元になく、その他は取り寄せで時間がかかるので

とりあえず猫ちゃん用の「チキン」「博多の鮮魚」「イワシ」の

3種類を送っていただきました。

試したらまた後日アップします。



マンマリゾ」 愛猫用(イワシ・チキン・博多の鮮魚)100g 各260円



P1140109.jpg

 


ホモトキのお薬 覚書

2010
10/31
*Sun*

チロとサクラのクリニックからお薬が届きました。



①ホモトキタブレット→2種 Traumeel(炎症サポート) Lymphomyosot(リンパサポート)

 一日2回1/2錠を各種一日交互に



②ホモトキ液→感染サポートを追加したもの(酵素・細胞活性、浮腫、腎サポート)

 週一



③ホメオパシー→慢性ネフローゼ症候群対策 Kali-arsenicum30c 3日間





10月27日 ②経口投与





10月29日 ③ホメオパシー1粒を2ccのミネラル水に溶かし1ccずつ朝晩2回 1日目

10月30日 ③同様に2日目

10月31日 ③同様に3日目



ホモトキのお薬

2010
11/24
*Wed*


定期検査の結果からホモトキのお薬を処方していただいたのが届きました。



前回とほとんど同じです。



①ホモトキ液(Coen vbi Apis Ber hep-com)週一×4回分



②ホモトキ錠2種(Traumeel Lymphomyosot)1/2錠1日2回交互に1か月分



③ホメオパシー粒(kali-ars)30c3日分


ホモトキの薬

2011
01/25
*Tue*
定期検査の結果を元にチロとサクラのクリニックから今回届いたお薬です。











・ホモトキ液(Coen Vbi Nux Ber Lym Apis)週一4回分



・ホモトキ錠(Traumeel Hepeel)1/2錠 朝夕2回を交互に



・ホメオパシー粒(Kali-ars)3cc 3日分→1/28、29、30日連続投与


ホモトキとホメオパシーのお薬

2011
03/10
*Thu*
日記に書くのが遅くなりましたが、チロとサクラのクリニックからお薬が届きました。











*ホモトキ錠(Traumeel Lymphomyosot) 1/2錠1日2回交互に1か月分



*ホモトキ液(Coe・Ubi・Apis・Hepe・Com・Pul) 週一4回分



*ホメオパシー液(Ars・Alb) 一日1回スポイドで数滴たらす 3粒1か月分

 





ホモトキのタブレットとホモトキ液は今までと同じ。

今回ホメオパシー粒の種類が変わり、与え方も少しずつを毎日飲ませる方法になりました。

こちらの少量毎日与える方が、まろんは嫌がらずに飲んでくれます。



犬歯のあたりを上からつかみ、「お口ア~ン」と言うと

口を開いてくれるので、素早くポタリと垂らします。



ホモトキは手で触ってもいいし、扱いが楽なんですが

ホメオパシーの方は、アルミホイルに包んで送られてきて

電磁波に弱く、手で触ってもいけないそうです。

電化製品から1メートルぐらい放して保管しなければいけません。



レメディーの種類はお薬の袋に手書きで書いてあるので

何と書いてあるか分からない時もあり、ネットで少し調べてみました。



「Apis」って蜜蜂の針の毒らしいです!



動物・植物・鉱物が原料だとは聞いていましたが、

ちょっと驚きました。

ホモトキとホメオパシーのお薬

2011
04/15
*Fri*
尿検査の結果から、ホメオパシーとホモトキのお薬が届きました。











・ホモトキ液(Coen・UbI・apis・Soli・Ber)週一4回分



・ホモトキ錠(Traumeel Lymphomyosot)1/2錠1日2回交互に1か月分



・ホメオパシーレメディ(Ars alb) 6cc 4粒 2粒を10mlの水に溶かして10滴1日1回

 



お食事については

尿のアルカリ性を酸性にする為には、肉食が良いのですが、

腎臓の事を考えたら肉食だけではよくないので

しばらくは穀物野菜のアルカリ性食品を少なめにする事になりました。



腎臓に問題のある方が、膀胱よりも深刻なのでそちらを優先して

膀胱の方はケア次第で解決出来ると言う事なので。



自分が結石を経験しているので、まろんに同じ思いはさせたくないので心配ですが

水分多めにを心がけて(でもお水は全然飲まないので困ります)

石がたまらないようにしたいです。



P1000584.jpg





P1000593.jpg





P1000586.jpg





P1000624.jpg


ホメオパシーとホモトキの薬

2011
05/24
*Tue*
血液と尿検査の結果から

チロとサクラのクリニックさんから、お薬が届きました。











・ホモトキ液(Coen Vbi Nux  Lym Soli)週一4回分



・ホモトキ錠(Reneelのみ送っていただく Traumeelは家に残っている分を使う)

1/2錠 朝夕2回を交互に



・ホメオパシー粒(Kali-ars)3cc 3日分→一粒を4ccの水に溶かして2ccずつ朝夜を3日



ホメオパシーは以前の方が、BUNとCREの数値がよかったので

戻すことになりました。

Ars-albをKali-arsへ変更。



ホモトキ液はフィラリア予防が始まるので、

肝サポートで処方していただいています。


ホモトキとホメオパシーが届く

2011
08/01
*Mon*
先日、掛かり付け病院で頂いた尿検査の結果を待って



チロとサクラのクリニックで処方していただいたお薬が届きました。











                 ホモトキとホメオパシーの処方





・ホモトキ液(Coen Vbi Nux Lym Soli)2週に1回(良好なので開ける)2回分



・ホモトキ錠(炎症サポートのReneelのみ)朝夕1/2錠ずつを1日おきに 1カ月分 



・ホメオパシー粒(Kali-ars)3cc→一粒を4ccの水に溶かして2ccずつ朝夜を3日





                        次回は一月後、状態を見て処方予定。

 

 





・ホメオパシー粒 8月2日~4日 3日間飲ませる予定



・ホモトキ液 8月2日 1回目(次回2週間後予定)




ホモトキのタブレットが届く

2011
09/10
*Sat*
ホモトキのお薬が届きました。












 ・ホモトキ錠(消化器サポートGastricumeelと肝サポートHepeel) 

  

  1日2回1/2錠を交互に2週間分 

 



消化器サポートのGastricumeelは初めて使うタブレットです。





月曜日の午後に白い泡のような物を戻してからは

一度も戻していません。



調子も良いようです。



どうかこのままよくなりますように・・・

ホモトキ・ホメオパシーのお薬が届く

2011
10/13
*Thu*
前回2週間分出していただいたお薬が無くなったので

チロとサクラのクリニックに連絡をしてタブレット類を送っていただきました。



定期検査はまだ先なので、まろんの様子をお伝えして処方していただきました。












 ・ホモトキタブレット(肝サポート Hepeel)  1日2かい1/2錠1日おきに 



 ・ホモトキシ液(Coen vbi Nax Ber Lym) 2週間毎に1本 2回分



 ・ホメオパシー粒(kali-ars)1粒を4㏄の水に溶かし2ccずつ朝晩2回3回分

 



まろんの様子は変わらず元気で、食欲もあります。



お薬類も、ご飯に一緒に混ぜても喜んで食べてくれているので、

私もまろんも楽になりました。





お薬投与の覚書



・10月14日(金) ホモトキシ液1本目 ホメオパシー1日目

           

・15日(土) ホメオパシー2日目



・16日(日) ホメオパシー3日目







ホモトキとホメオパシーのお薬が届く

2011
11/12
*Sat*
前回の尿検査結果とまろんの様子をお伝えして、処方していただいたお薬類が届きました。









 ・ホモトキ液(Coen Vbi Nux Lym Soli)10日毎(11/15・25・12/5予定)1か月分



 ・ホモトキタブレット(Reneel Traumeel)交互に一日おき 朝夕1/2錠を2回 1か月分



 ・ホメオパシー粒(Kali ars)3cc 1粒を4ccの水に溶かし2ccずつを1日2回 3日間 



 



ホモトキタブレットがここ最近は1種類だったのですが、今回は

腎サポートのReneelと炎症サポートのTraumeelの2種類に変更になっています。



ホモトキ液も2週間毎だったのが、10日毎になりました。

ホモトキタブレットの効能(覚書)

2011
11/14
*Mon*
・Traumeel→炎症サポート


・Reneel→腎サポート


・Hepeel→肝サポート


・Lymphomyosot→リンパサポート


・Gastricumeel→消化器サポート

ホモトキとホメオパシーのお薬が届く

2011
12/14
*Wed*
ホモトキとホメオパシーのお薬が無くなりそうだったので、まろんの様子をお伝えして送っていただきました。

最近、ご飯を残したりする事があります。

元気さはいつも通あるのですが。

お薬類は前回と同じ種類です。



                 ホモトキとホメオパシーの処方
 
 ・ホモトキ液(Coen Vbi Nux Lym Soli)10日毎(12/15・25・1/4予定)1か月分

 ・ホモトキタブレット(Reneel Traumeel)交互に一日おき 朝夕1/2錠を2回 1か月分 

 ・ホメオパシー粒(Kali ars)3cc 1粒を4ccの水に溶かし2ccずつを1日2回 3日間 



ホモトキ・ホメオパシーの薬が届く

2012
01/12
*Thu*
チロとサクラのクリニックさんに定期検査の結果をお送りして、
処方していただいたお薬が届きました。

前回と同じ処方です。


              ホモトキとホメオパシーの処方
 
  ・ホモトキ液(Coen Vbi Nux Lym Soli)10日毎(1/16・26・2/5予定)3回分
  
  ・ホモトキタブレット(Reneel Traumeel)交互に一日おき 朝夕1/2錠を2回 1か月分 

  ・ホメオパシー粒(Kali ars)3cc 1粒を4ccの水に溶かし2ccずつを1日2回 3日間  




チロとサクラのクリニックの渡辺先生から降圧剤(Enacard)を飲んでいなかったのに、
結果が良かったので、もう終了してもいいのじゃないかと
言っていただいたのですが、かかりつけの先生からはネフローゼは治らないので
お薬は一生飲み続けなきゃいけないと言われてしまいました。

お薬をやめれたらすごくうれしいのですが。。。

止めれなくても減らす方向にいけないかな。

相談してみようと思います。

ホモトキとホメオパシーのお薬が届く

2012
02/18
*Sat*
ホモトキとホメオパシーのお薬が無くなりそうだったので
チロとサクラのクリニックさんにまろんの様子をお伝えして
お薬類を送っていただきました。

前回と同じ処方です。




                 ホモトキとホメオパシーの処方
 
  ・ホモトキ液(Coen Vbi Nux Lym Soli)10日毎(2/29 3/10 3/20予定)3回分
  
  ・ホモトキタブレット(Reneel Traumeel)交互に一日おき 朝夕1/2錠を2回 1か月分 

  ・ホメオパシー粒(Kali ars)3cc 1粒を4ccの水に溶かし2ccずつを1日2回 3日間  



まろんは変わらず元気です。

ご飯もおいしそうに食べてくれるので作り甲斐があります。

ホモトキとホメオパシーのレメディ類が届く

2012
03/28
*Wed*
尿(院内)検査の結果を元に、処方していただいたレメディ類が
チロとサクラのクリニックさんから届きました。



ホモトキとホメオパシーの処方

 ・ホモトキ液(Coen vbi Ber Soli Lym) 10日毎3回分

 ・ホモトキ錠(Reneel Traumeel) 1/2錠を1日2回 各種1日おき 1か月分

 ・ホメオパシー粒(Kale-ars)30c 1粒を4ccの天然水に溶かし2ccずつ1日2回 3日分 




ホモトキとホメオパシーのお薬が届く

2012
04/28
*Sat*
ホモトキ類のお薬が切れたので、チロとサクラのクリニックさんから
送っていただいたものが届きました。


ホモトキとホメオパシーの処方

 ・ホモトキ液(Coen vbi Nux Soli Lym) 10日毎3回分

 ・ホモトキ錠(Reneel Traumeel) 1/2錠を1日2回 各種1日おき 1か月分

 ・ホメオパシー粒(Kale-ars)30c 1粒を4ccの天然水に溶かし2ccずつ1日2回 3日分 



ホモトキ液の内容が少し変わっています。
ホモトキ錠とホメオパシー粒は前回と同じ内容です。



久しぶりに動画をアップします。

と思ったけれど、FC2でしたら思っていたように表示されなかったので
(サムネイルって言うのかな?小さい表示でリンクしないと大きくならない)
まだ別の所で探してアップします。

以前使っていたところがもう使えなくて、
今までの動画もどうにかしないといけないし、ちょっと調べます。



5月6日 追記

ユーチューブでアップしてみます。


2回目の波動検査

2012
05/19
*Sat*
おと年の9月に初めて波動検査をしてから少し経っているし
10歳になったし、お薬の事もあるしで2回目の波動検査をしていたものが
ちょっと前に結果が出ていました。

60項目にわたって調べたのですが
すべて「+10」で良好でした。

波動テストの解釈についてチロとサクラのクリニックの
渡辺先生のメールをそのまま掲載します。


******

「先ず、各項目の右にカウントという数値が記載されていますが、
その数値がそのコの波動的な調和を表しています。

調和がとれていると、一般的なコでは基準値が+9~+11になります。

その範囲の数値なら、いい調和、問題なしということになります。

数値が基準値より上がることもあります。

その場合は、機能が亢進しすぎている、
頑張りすぎている状態なので、決していいことではありません。

反対に数値が低いということは、調和出来るだけのエネルギーが保てていません。

一般的には、具合が悪いコでは、数値がマイナスに下がることが多いです。

実際にリンパ腫のコをテストすると、腫瘍の項目が低く出てきます。

心臓病のコでは、血液循環や血栓の項目が低く出てきます。

マロンさんは腎臓、血液循環などの数値は基準値内でしたので、
病態を持っていながら、それなりに調和がとれているという解釈です。

調和がとれているのは、食事やホメオパシー、現代薬? 
おうちでのケアが総をなしている結果であることも十分考えられます。

ネフローゼ発症から数年経っていますが、進行がないことや、
大きく調子を崩すことがないこととが、調和のとれていることを実証してくれています。」

******


この検査をするにあたって
今使っている降圧剤を止めて、リーチペットと言うサプリメントに
変えることも出来るかもしれないと言う事だったのですが、
悪い部分が見つからないとその部分に対して良い作用が期待できるか、
調べようがないと言う事で検査できませんでした。

降圧剤は出来たらやめたかったのですが、検査できないので仕方ないですね。

ホモトキとホメオパシーの薬が届く

2012
05/31
*Thu*
ホモトキ類のお薬が切れたので、チロとサクラのクリニックさんから
送っていただいたものが届きました。

前回と全く同じ処方でした。


ホモトキとホメオパシーの処方

 ・ホモトキ液(Coen vbi Nux Soli Lym) 10日毎3回分

 ・ホモトキ錠(Reneel Traumeel) 1/2錠を1日2回 各種1日おき 1か月分

 ・ホメオパシー粒(Kale-ars)30c 1粒を4ccの天然水に溶かし2ccずつ1日2回 3日分 




朝晩はまだ冷え込んでいますが、日中は汗ばむぐらい暑いです。

まろんのお留守番もそろそろ夏対策しないといけないかな。

近くでホモトキを取り扱っている獣医について

2012
08/16
*Thu*
また1か月以上放置で広告を出しちゃいました(汗)

まろんは元気にしています。

ごはんは去年の夏のようにまったく食べなくて困った事にはなっていませんが
食欲はちょっと落ちています。

ホモトキの件でお問い合わせがあって
調べてみて分かったことがあるので記事にします。

ホモトキの日本代理店のヘール社
でホモトキを扱っている獣医さんを教えて下さるそうです。

もし、自分の住まいの近くで探そうと思っておられる方は
ヘール社に問い合わせをして教えていただいたらいいと思います。

チロとサクラのクリニックの渡辺先生がおっしゃっていたのですが
以前に比べてホモトキもずいぶん浸透してきたようで
学会に出席される先生方も増えているそうです。

西洋医学では治せない、これ以上治療方法が無い時なども
他に代わる治療方法として選択出来たら良いと思います。

まろんは通う事は出来ませんが、かかりつけの病院での検査結果を元に
ホモトキのお薬を送って頂けるし、
ちょっとした分からない事もメールですぐに聞けるので
かかりつけの獣医さんよりも話しやすくて安心しています。


今月のホモトキとホメオパシーのお薬も前回と同じ処方で
一月分送っていただいています。


今日のまろん

P1010344.jpg





P1010341.jpg

まろん電車に初めて乗る

2013
04/25
*Thu*
先日初めて電車と新幹線に乗る事になりました。

まろんは止まっている車でも酔うぐらい乗り物に弱く、ここ4年ほどは車にも全然乗せていなかったので、チロとサクラのクリニックさんに相談をして酔い止めのレメディを考えていただきました。




  ①Cocculus→吐き気の改善が期待できるレメディー
          出かける2日前から当日までとる  
          一粒を4ccの水に溶かし2ccずつ一日2回


  ②Aconite→①レメディーだけでは不十分なメンタル面に作用する不安改善のレメディー  
          一粒を4ccの水に溶かし2ccずつ車中で5分ぐらいあけて2回服用



ペットカートを新しく購入したので、ちょっと前に練習を兼ねて電車に乗ってみたのですが
「クンクン」と泣きっぱなしだったので、もう冷や冷やして一駅だけ乗って帰ってきました(笑)

荷物が多くなり手で下げるかばんは持てなくなったのでコロコロのついたキャリーカート(人間用)にしたら、ペットカートと両方では歩けなくてまろんを布製のキャリーバックに入れ、肩から斜め掛けすることにしました。

このキャリーバックはよく使っているのですが、袋を閉めると普段は泣き叫ぶので電車には使えないと思っていたのですが、袋を閉めて顔を隠しても全然嫌がりませんでした。
(ペットカートも顔を出していたらご機嫌でした)

もしかしたらその時点でレメディーが効いていたのかもしれません。

新幹線内ではデッキ部分にいようと思っていたのですが、一言も泣く事もなく大人しかったので、途中からまろんをカバンごと膝の上に乗せて座る事が出来ました。

泣くことは全然無かったのですが、途中あくびをし出したので②のレメディ(Aconite)を2回に分けて飲ませました。
飲ませた後に袋を閉める時も普段ならすごく嫌がるのに、大変大人しくしていました。
地下鉄も乗れたし、ちょっと自信が付きました。

電車の乗り換えで、エレベーターが無くてエスカレータしかない所もあったので、結局キャリーカートとキャリーバックしにて良かったと思いました。

後で思ったのですが、人間用のキャリーカートにわんこのハードキャリーを乗せているのを見たことがあるので、それも身軽でいいなぁと思いましたが、今回はキャリーバックで抱っこ状態に近いのでそれもまろんにとっては良かったのかもしれません。

Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 14歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR