--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| EDIT |

ホモトキ治療の変更

2018
06/04
*Mon*
P1030229-1.jpg




チロとサクラのクリニックの渡辺先生に
定期健診やまろんの様子をお伝えして処方していただいたお薬が届きました。


ホモトキシコロジー治療薬


 ・ホモトキシ液→週1回(Coenzyme Uvichinon Solidago Placenta)肝サポートは終了

 ・ホモトキタブレット→1/2錠を1日2回を1日交代で
  腎サポート(Reneel)、肝サポート( Hepeel)からリンパサポート(Lymphomyoso)に変更 

 ・処方水



春先に受けた血液検査で肝臓の数値の異常が見つかってから
ホモトキシ液の肝腎サポートを3クール続けたので終了し、
今回から腎サポートのみしていきます。
タブレットも肝、腎サポートからリンパ、腎サポートに変更されました。

個々に対処はありましたが、長年(2013年10月頃)処方水1本でサポートを続けてきました。
今後は年齢的に臓器が悪くなってくるので、もう少し強化したサポートである
ホモトキシ液とタブレットの併用を続けていくようになります。

ホモトキシ液(2.5mlぐらい)はシリンジに入った状態で
お口に直接入れてあげることも出来るのですが
毎回むせてしまいかわいそうなので、
好きなもの(甘酒や小豆などのゆで汁)に入れて飲ませています。

処方水も2回の御飯時とシリンジに入れたので数回直接飲ませていますが
こちらは1回が1mlぐらいと少量なのでむせ方も少ないです。
処方水はあげる量ではなくて、体の水分に伝わって作用するので
1日に複数回飲ませる事が大切です。
(飲み水に混ぜれば1日数回飲むことが出来ますが、まろんはお水を飲まないので出来ません)

タブレットは御飯時に混ぜれば難なく食べることが出来ています。
(以前はよけて食べなかったのでお口に突っ込んであげていました)
スポンサーサイト

定期健診<5/22>

2018
06/04
*Mon*
P1030232-1.jpg


だいぶ前になりますが、5月22日かかりつけの病院に定期検診に行ってきました。



定期健診


 ・降圧剤(フォルテコール2.5mg1/2錠)→20日分(前回のが残っているため)

 ・点眼薬1日3回(ステロップ一旦中止)①EDTA(右目のみ)、②ムコスタ、③タリビット軟膏 

 ・飲み薬(ビラマイシン)終了

 ・体重2.4キロ(服、胴輪あり)
 


目の方は見た目もだいぶ良くなりました。

右目の白い輪っかも薄く広くなってよく見ないとわからなくなりました。

ステロイドの長期使用が心配で、先生に聞いたら飲み薬ではないので
そんなに心配ないと言われたのですが、
一旦中止して悪くなれば再開と言うことになりました。

お薬は何かしら副作用があるので出来たらあまり使いたくありません。

他のお薬も早く切れたらいいなと思っています。

初診で診て頂いた先生は検査(血液や尿)は一月毎(あるいはもっと頻繁に)が
望ましいと言われたのですが、2回目以降診て頂いている別の先生は、
慢性病で症状が落ち着いている場合は、検査はそれほど必要とされないようです。

今までの検査を考えると、数値が悪くても症状には関係なく
数値は変動するので、それほど頻繁にする必要は無いように思います。

高齢だし、検査で悪いところを早めに見つけると言うのが
大事なのはわかるのですが
病院に行くストレスや注射の痛みを考えると、
そんなに頻繁にはしたくないなと思います。

次回は一月後です。

バラ園

2018
05/04
*Fri*
CATEGORY : フォト

P1030191.jpg






P1030119.jpg






P1030193.jpg






P1030126.jpg






P1030170.jpg






P1030206.jpg






P1030141.jpg






P1030176.jpg






P1030200.jpg






P1030129.jpg



<お知らせ>
プロフィールを追加しようと過去のページに入ったら
2011年11月以前の画像が消えているようです。

復旧はちょっと難しいので、画像無しのままで行きます。

目の定期検査

2018
05/03
*Thu*
お薬が切れたので、目の検査に行ってきました。



目の定期検査


 ・目薬(ステロップ以外は1日3回 5分以上開けて次のをさす) 
  右→①EDTA、②ムコスタ、③タリビット軟膏
  左→①ステロップ(2日に1回)、②ムコスタ、③タリビット軟膏 

 ・抗生物質内服薬(ビブラマイシン)→2週間分

 ・降圧剤(フォルテコール)2.5mg1/2錠→2週間分




見た目はあまり変わりないのですが、検査で診ていただいたのでは
右目の潰瘍が良くなっていて角膜潰瘍目薬「パピテイン」は終了し、
かわりに今左目だけに差している「ムコスタ」を両目に使うことになりました。

ちょっと前のものですが、右目の結晶がよくわかる画像です。

20180421-1.jpg


右目は角膜変性症および角膜潰瘍、輪っかの部分はカルシウムの結晶です。
左目の血豆は角膜血腫だそうです。

右目は日によって目ヤニが増えたり(先週の土曜の朝は目がくっつきました)、
白目が赤くなったり色々です。

興奮(歯磨きやブラッシングなど嫌がるお手入れをした時)しても、
白目部分が赤くなります。

本日の診察の時も、先生が目にライトを当てるだけで嫌がり
反対に先生が「目薬はどうされてるの?」と私に聞かれたのでコツをお教えし
もう一度目を見たら、先ほど嫌がってた時よりも
白目の赤みがすごく薄くなってると言われました。

耳毛が目に入り炎症することもあると先生から言われたので
帰ってきてからバッサリカットしました。



次回は2週間後、病院通いが続きます。

16歳の誕生日

2018
05/01
*Tue*
CATEGORY : 日常
canvas4.jpg




4月28日に無事に16歳を迎えることが出来ました。

ありがとうございます。

去年は引っ越し直後に発作が2か月ほど続き、
最近の血液検査では肝臓、腎臓の数値が悪く、
16歳の誕生日は迎える事が出来るかなと心配しましたが
元気にその日を迎えられて本当に安心しました。

目の方は一進一退と言う感じではありますが、
肝臓からきていると思われるので、気を付けながら過ごしたいと思います。

目の1週間後の診察

2018
04/12
*Thu*
P1030015.jpg




先週から治療し始めた目の結果を診てもらいに、ご近所の病院に行ってきました。


目の検査


 ・眼科検査(細隙灯、角膜染色) 

 ・抗生物質内服薬(ビブラマイシン)→2週間分 

 ・点眼薬(ムコスタ)→2週間分

 ・目薬5種類 右→①EDTA3回、②ロメワン3回差しきり終了、③パピティン3回 
          左→①ステロップ2日に1回、②ムコスタ3回

 ・目用軟膏 両目(右④左③)2.3回

 ・目用抗生物質内服薬(ビブラマイシン)→1日2回

 ・体重2.5キロ(洋服+胴輪なので多め) 




両目とも少しですがよくなっているようです。

見た目は左目の血豆は小さく薄くなっていますが
前回もこんな感じだったので、お薬が効いているのかどうかはわかりません。

目の荒れはよくなっているようです。

右目の白い輪っかは変わらずあって、涙も多いですが
こちらも少し良くなっているようです。

目薬はかなり長い期間続けることになりそうです。

種類が多く(目薬5種、軟膏1種、ホメオパシー1種「Ocloheel」)
大変なので減らせないか聞いたら
右目2番目の「ロメワン」は抗生物質で4番目の「タリビット軟膏」とかぶっているので
無くなり次第終了する事になりました


そして左目1番目の「ステロップ」は1日1回から2日に1回に変更になりました。

次回は2週間後です。

定期検査、(血液、尿、眼科検査)<4/5>

2018
04/10
*Tue*
1521945261938.jpeg




定期検査 4/5


 ・血液検査→下記参照

 ・尿検査→尿比重1.011 蛋白+ PH6 脂肪球+

 ・眼科検査(角膜染色、眼底、細隙灯、シルマーティアーテスト) 

 ・降圧剤(フォルテコール2.5mg)1/2錠→1か月分 

 ・目薬5種類 右→①EDTA3回、②ロメワン3.4回、③パピティン3.4回 
          左→①ステロップ1回、②ムコスタ3回

 ・目用軟膏 両目(右④左③)→タリビット軟膏2.3回

 ・目用抗生物質内服薬(ビブラマイシン)→1日2回

 ・爪切り(私の切り方があまくて長かったので、先生が気になり切って下さいました) 

 ・体重2.15㎏





血液検査
20180405血液検査jpg

肝機能のAST、ALT、ALPが高値です。

ALPに関しては前回(795)よりもさらに高くなっていました。

腎機能のBUN、Creも高め、いつも低めのALb(アルブミン)がなぜか正常値でした。


ホモトキの肝腎サポートを始めていたのに、結果が悪くてショックでした。

まだワンクールしかしていないので、もう少し続けて数値に変化が出ればと願います。

肝腎サポートのホモトキシ液が5日おきから週1になりました。


ホモトキタブレットは変わりありません。






一旦治まった左目の血豆が場所を下の方に変えてまた出てきました。

去年の11月との比較。
左目比較




そして1か月ぐらい前から今度は右目に白い輪っかが出て目ヤニや涙が増えました。

ちょっとわかりにくいですが赤丸部分です。
20180404右目



目の検査をしていただきました。


右目の白い輪っかはカルシウムの結晶のようです。

目薬5種(左右で違う種類)と軟膏1種を5分以上あけて、1日1回~4回差さなければいけません。
20180405目薬


左目用の目薬「ステロップ」は抗炎症ステロイド点眼剤のようです。

最初は嫌がって暴れるから、何度も外してしまいました。

嫌がるのを無理やりするので、私の方が心が折れそうでした。

左目用の目薬はどれも白色なので入ったがどうか確認出来るのですが
右目用は透明なので外したがどうかがわかりにくいです。

病院で教えてもらった方法ではなく、ちゃんと目薬を見せて、
顔も押えないで真上から声掛けしながら差したら嫌がらずに出来ました。

嫌がらなかったらとっても楽~


肝機能が悪く目ヤニが出る症状が以前にあったので
目を見てくださった先生に聞いたら、肝臓とは関係ないと言われました。

今回の結果を渡辺先生にお知らせしたら
肝臓腎臓の基礎疾患が発祥の引き金になっていると言われました。

私もそう思います。

現代医学では全体像で診る教育を受けていないのでわからないようです。




1週間後また目の様子を見せに病院に行きます。


2018
04/03
*Tue*
CATEGORY : フォト

P1140567.jpg






IMG_0059.jpg






P1030068.jpg






IMG_9979_1.jpg







P1030058.jpg

犬生初のペットサロンで部分カット

2018
03/21
*Wed*
CATEGORY : その他
,

P1020996.jpg


今日はペットサロンに初めて行ってきました。

今までお手入れはずっと家でしてきましたが、
最近は私の目がよく見えないし、まろんは暴れるしで、
細かい部分のカットが危ないのでプロにお任せしてみることにしました。

時間も私がするよりも早いので、まろんの負担も少なくて済みます。

足裏とつま先、肛門、おしっこ、おなか回りをお願いしました。

嫌がって暴れても、さすがプロ、上手にされています。

心配でしたが、お願いしてよかったです。


↓つま先カット 見た目は悪いですが、濡れてもすぐ乾くのでしています
P1030005.jpg


予約する時にまろんの年齢をお伝えしていたので、
サロンの方も初めてだし年齢的に心配されていたのですが
まろんが若く見えて、とても元気なのでびっくりされました。

カット中も軽やかに動いて(笑)嫌がっていたので、やりにくかったと思います。

負担の大きいシャンプー、ドライは私の目が見えにくくても出来るので
これからもお家でするようにして
部分カットはプロにお願いしようと思います。

シャンプーも以前はまめにしていましが、
先日行った西洋医学とホメオパシーの先生から
ブラッシングだけで十分綺麗になるから
汚れた部分だけ洗うようにしたらいいとアドバイスをいただきました。

UMF10+マヌカハニー

2018
03/20
*Tue*
CATEGORY : 手作りごはん
P1020978.jpg



消化の良い高カロリーの食事(オメガ3オイルと吉野葛は以前から使っています)で
負担なく体重を増やせるようにマヌカハニーも取り入れることにしました。

以前使ったMGO100+のマヌカハニーは薬っぽくて、まろんも好んで食べなかったのですが
今回癖の少ないのを見つけたのでお試ししてみました。



UMF10+ マヌカハニー
P1020982.jpg

キャラメルのようでとても食べやすいです。

まろんもそのままで喜んで食べました。

最近知ったのですが、はちみつに使う匙は金属性はダメで
(金属に触れると性質が変性してしまう可能性がある)
木製やプラスチックがいいようです。

木の匙ですくっている画像をよく見かけていましたが
ちゃんと意味があったのですね。


Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 16歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。