掛かりつけ獣医とホリスティックケア獣医の見解の違い

2017
03/08
*Wed*
P1020711.gif




UPC検査結果をチロとサクラのクリニックさんへお知らせするので、
まろんの様子とファモチジンの事も一緒にメールでお伝えしました。

すると渡辺先生は、腎臓病で胃炎や潰瘍が出来るのは、
尿素窒素が優位に高いのが原因なので、
今のまろんの数値からは考えにくいと言われました。

そしてGastricmeelとファモチジンは効能が同じなので
腎臓病性胃炎の場合Gastricmeelがよく効くので
今まで使っていても効果が表れなかったと言う事は
腎臓病からの嘔吐では無いのではと。

食事不耐性や物理的な原因(異物を飲み込んだなど)ではないかと。

その場合はGastricmeelとファモチジン両方とも一定以上の効果は出ないそうです。

食材か異物かとなると、怪しい手作りご飯はドックフードをしばらく食べた時も
嘔吐があったので、異物が原因と考える方がいいのかもしれません。

まろんはかじる癖もないし、落ちている物を食べたりもしなのですが
本当に異物が胃にあるのなら、かかりつけの病院に行って調べてもらう事になります。

渡辺先生は、しばらく食材に気を付けて過ごし
それでも改善されなければ、消化器に詳しい先生を受信した方がいいと言われました。

定期検査と胃酸過多<UPC尿院外検査 3月1日>

2017
03/07
*Tue*
尿院外検査結果が出ましたので、かかりつけの病院に行ってきました。



 3月1日9時頃(朝二、朝一は4時半頃)採取の尿院外検査結果 


 尿中タンパク  69.9mg/dl
 尿中クレアチニン  119.3mg/dl 
 UPC  0.59(基準値0~0.50)


 ・ファモチジン(H2阻害薬)2錠→1日1回1/4錠 8日分



少しオーバーですがまずまずの数値です。


今日は院長先生からお話を伺えたのですが
(尿を提出した3月1日は受付の女の子が先生に電話でまろんの様子を伝えていて
私は先生と直接お話はしておりませんでした)
えずきの件をもう一度言ったら、先生はえずきだけで戻していないと思っておられたようで
月に一度ぐらいなら心配が要らないけど、週一ぐらいもあるのだったら
腎臓病からくる胃酸過多の状態なので「ファモチジン」を飲ませた方がよいと言われました。
副作用も少ないと言う説明でした。
8日分処方して頂きました。
こちらのお薬はよくなったからと言って急に止めるのはダメらしいです。
徐々に切って(半量や一日おき)いくそうです。

ネフローゼの症状は初期に浮腫みがあったぐらいで、
今まで何も無く元気に過ごせてきましたが
ついに来たかという感じで落ち込んでおります。
でも、元気なのでそれだけが救いですが、
おぇ~と苦しそうなのは見ていてとても可愛そうです。


今日お薬が出なかったら、検査代やいつものお薬代は3月1日に支払い済みなので
本日は無料の予定でしたが、お会計は1790円かかりました。
そのうちお薬代(ファモチジン2錠分)は90円のみ。
1700円は再診料と処方料です。
まろん無しでこのお値段なので、まろんを連れて行っていたら
再診料が高くつくのでもっとと言う事になります。
前回、尿を提出した日に今回のお薬も出していただいていたら
1700円は必要なかったのにと思うと、
ネットでお薬を購入したいなと思いました。

長期のえずき(白い泡状の胃液)

2017
03/06
*Mon*
手作りご飯が切れた1月20日にスーパーで購入した
ウェットフード(初めて食べる)を与えたら翌日何度も食べた物を嘔吐しました。
その後4日間ぐらい与えたドッグフード(ナウフィッシュアダルト
3回目ぐらい)は、調子が良かったです。


その後、手作りご飯を食べ始めた1月の後半ぐらいから
明け方にえずくことがありました。
白い泡状の胃液です。
2月に入ってからは下痢嘔吐用のホモトキ「Gastricmeel」を
ご飯時に入れていたのですが効果ありませんでした。
ほとんど明け方1回なのですが、
一度(2/20)は夜中から明け方まで何度もえずいて心配しました。
2回目にえずく前に下痢嘔吐用のホメオパシー「Ars-alb30c」
与えてみましたが効きませんでした。
ホモトキよりもホメオパシーの方が効き目が強いようです。

日中元気はとてもあって、ご飯もモリモリと食べていて足りないぐらいです。

以前にスーパーの食材でご飯を作った時には食べた物を嘔吐して軟便も続きました。

今回の食材は鮭アラはいつものお魚屋さん、レバーもいつもの百貨店、
お野菜だけいつもの百貨店と、一部は以前に嘔吐したスーパーの物です。
スーパーは人間用の食材を購入している所です。

今回は、いわしの頭(いつものお魚屋さんで何度も食べています)も入っています。
エラを取ってくださいと言うのを忘れたので、もしかしたらエラが入っていたのかもしれません。

手作りご飯が原因か確かめたかったので
何度もえずいた2月22日以降はドックフード(アカナ魚ベース 初めて食べる)で過ごしました。
最初は調子よかったのですが、5日目に胃液を嘔吐しました。
乳酸菌と下痢嘔吐用のホモトキ「Gastricmeel」も一緒に与えていました。
食材ではなさそうなので、アカナが終了した3月2日から手作りご飯は再開。

明け方胃液を戻す事が多いので、空腹で起こっているのかなと
朝早めにご飯をあげたりして様子をみています。

3月1日、尿提出とお薬を頂きに病院に行った時に様子を伝えたら
体重が減っているとか元気さとかに変化があれば
病院に連れて来て下さいと言われましたが
とても元気で体重も減っていないので
春のフィラリアと血液検査で病院に連れて行く時に診ていただこうと思います。

5冊目

2017
02/14
*Tue*
CATEGORY : 日常

2017-02-14.jpg

(注 4冊目のノートの使い終わりの西暦が2016では無くて正しくは2017の間違いです)



闘病記録(病院の検査結果や明細書などを貼り付けています)や
体の事などを記録しているまろんのノートも5冊目に入りました。

4冊目を使っている間は、高齢だしこれを最後まで使いきれるのかなと
いう思いがありましたが、無事に5冊目に突入出来てホッと致しました。
3冊目の時は子宮蓄膿症手術爪切り流血事件ととても大変な時期でしたが、
4冊目は数値に多少の上下はありますが、お薬も変わりなくで安定しています。
5冊目も安定した日々であってほしいです。

定期検査<尿院外検査(1/5)>

2017
02/13
*Mon*
まろんは元気にしております。
シャンプーをしたいのですが、寒すぎて出来ずじまい。
くっついて寝ているのでちょっとクチャイです(笑)

新しいブラッシンングスプレーがすごく良い香りがするのですが
あまりキツイ匂いはまろんにとって辛いのではと思ってしまいます。

朝、喉が痛いので、アロマも炊けるナイト用のスチーマーを買ったのですが、
まろんにはキツイと思い、アロマは炊かずに使用しています。
喉の調子は良いです。

遅くなりましたが、お薬が切れたので今年初めに病院に行っております。


 1月5日朝一(9時頃)採取の尿(院外)検査結果 

 尿中タンパク 44.5mg/dl 
 尿中クレアチニン 96.9mg/dl 
 UPC 0.46↓(基準値0~0.50)




2回続けて基準値を超えていたのですが、今回は基準値内に収まりました。

電車で酔い止めのホメオパシーが効かなかったのは・・・

2016
12/29
*Thu*
ちょっと前にまろんと一緒に電車に乗りました。

行きは在来線、新幹線、地下鉄とも泣く事も無くずっと大人しかったので、
車中用のホメオパシーを使う事も無く終わりました。

新幹線ではお隣に座った方と飼い犬の話で盛り上がり、
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
足元に置いている私の大きなスーツケースを上のアミ棚に上げてもらったり
(すごく重いから無理ですよと言ったのですが、頑張ってくれました。
やっぱり重かったようで後で何が入っているのかびっくりしたと言われました。
下す時もきっと重たかったと思います。すいません。)
スーツケースの中身はほとんどまろんの物です。


帰りは地下鉄、新幹線までは行きと同じで大変大人しくしていたのに、
在来線に乗って景色が飛んでいるのを見たとたんぐずり出して
当日使うホメオパシーを飲ませてみましたが効かず、
よだれを垂らしながらずっと泣いていました。
短い乗車時間でしたが、泣かれたのでとても長く感じてしまいました。

酔い止めのホメオパシーは2種類あって
2日前から1日2回朝晩飲ませるCocculus(コキュラス)
当日泣き出したり酔った時に車中で飲ませるAconutite(アコナイト)があります。
Aconutiteは5分ぐらい時間をおいて2回飲ませます。
帰る日の前日にお薬の用意をしたのですが、
携帯用の入れ物からAconutiteを一粒取り出して
空のシリンジに入れてアルミホイルで包んでおき(電磁波の影響を受けない為に)、
車中で泣き出したらお水を吸い上げ溶かしてから飲ませます。

P1020706.jpg


用意の時にCocculus(2日前から飲ませる)と
Aconutite(当日用)を間違えて入れてしまったので
一度戻してやり直したのですが、どうもその時に
どっちの入れ物に戻したか分からなくなって間違えてしまったかもしれません。
見た目は全く同じ粒です。

チロとサクラのクリニックの渡辺先生にもお知らせしたのですが
Aconutite(当日用)はかなり強いパニック状態の時でも効くので
Cocculus(2日前から用)と間違えた可能性が高いと言われました。

Aconutiteの携帯ケースに4粒ほど残っていたホメオパシーはもったいないですが捨てました。

次回電車で乗った時に様子をみて、その時も効かなかったら
違う策を考えてみますと言われました。

日本ホメオパシー振興会のレメディーの説明(クリックするとリンクに飛びます)
●1.アコナイト (Aconite)
●16.コキュラス (Cocculus)

ペット用の階段

2016
12/02
*Fri*
P1020685.jpg

今はまろんと一緒に私のベッドで寝ているのですが、
(本当は寝る時はケージに入れたいのですが、
明け方に泣いてお互い安眠出来ないので諦めました)
夜中におトイレとかで下に降りて上がる時に、時々失敗しているみたいで
私も寝ぼけていてすぐに体が動かなくて上げれないことがあるので
今後の事も考えてペット用の階段を購入しました。


階段タイプは2段と3段があってどちらにしようか迷ったのですが
3段の方は段差は短くて良いのですが、奥行きが無くてかえって
上がりにくそうだったので2段の方にしました。
2段でも奥行きがちょっと短い感じです。

スロープタイプもあったのですが、傾斜が急なので転げ落ちそうな気がします。



P1020689.jpg




早速使ってみました。
降りる時は階段は使わず飛び越えています(笑)
上がる時も誘導すると使いますが、何もしなければ
ジャンプしてベッドに乗ります(階段の意味なしですね)
軽いせいか、一段目に乗ると、前が浮き上がってしまいます。
茶色のカバーはマジックテープが付いていて剥がしてお洗濯出来ますが、
生地の目が粗くて爪をひっかけそうで危ない感じがします。
違う布で作った方が良さそうです。


夜中の使用ですが、設置してからは下に降りる事が無く
朝までお布団でぐっすり寝ているみたいです。

ソファーの脚を付け替えて座面を高くしようと思っているので、
昼間はそちらで使ってみようと思います。



P1020695.jpg




P1020690.jpg




今日のお散歩風景。ぽかぽか日和でした。
P1020698.jpg

紅葉と新しい携帯のカメラ

2016
11/29
*Tue*
CATEGORY : フォト
KIMG0007.jpg



ちょっと遠い公園までお散歩に行って来ました。
紅葉が綺麗だったんですが、最近新しくした
携帯のカメラの画質はとても残念で綺麗に撮れてませんでした。
今までカメラ重視で同じメーカーの物を買い替えながら使ってきたのですが、
今はもう無くなってしまったので仕方なく違うメーカーのにしました。
画素数は以前よりも随分大きくなっていますが、全然ダメです。




KIMG0009.jpg




モデルやる気無し、スリスリ中。
KIMG0002.jpg



カメラ目線したのですかさず撮りました。
KIMG0010.jpg


定期検査<血液検査(11/2)と尿(院外)検査(11/4)>

2016
11/16
*Wed*
下書きしたままで公開するのを忘れておりました。
お薬(フォルテコール)が少なくなったので、かかりつけの病院に行って来ました。


定期検査


 ・血液検査(血液生化学+血液学) 

 ・尿(院外)検査 朝7時頃採取

 ・フォルテコール錠(降圧剤)2.5mg1/2錠→2か月分 

 ・体重2.76k



春に血液検査をした時に年齢の事も考えて、
今まで年1回していた血液検査を次は半年後にもをしましょうと言う事だったので、
今回はまろんも一緒に病院に連れて行きました。

院外に出す尿検査が祝日を挟んでしまって結果が正しく出ない可能性が
あるので尿だけ別の日にまた持って行きました。


尿(院外)UPC検査
20161104-尿(院外)検査

前回と同じような結果ですね。
今回も基準値を超えてしまいました。



血液生化学検査(クリックで大きくなります)
20161102-血液検査No,2

クレアチニンは基準値以内ですが、小型犬では
0.9以下が基準値なので1.6はオーバーです。

ナトリウムのオーバーに関しては先生も?だそうです。
元気なのでこのまま手作りご飯で続けていきましょうと言う事です。



血液学検査(クリックで大きくなります)
20161102-血液検査No,1

腎臓が悪いと貧血気味になるそうですが、まろんは血が大変濃いらしいです。

数値は完ぺきではありませんが、今すぐ点滴が必要とかいう
レベルではないので、このままで様子を見ましょうと言われました。

どこらへんになったら重症なんでしょうか。
まろんは食欲旺盛で、とても元気です。
本当に病気なのかなと思います。
特別なケアもしていないので、私も病気だと言う事を忘れている時があります。
ずっとこの調子が続いてくれる事を願っています。

尿(院外)検査結果&寒くなりました

2016
10/15
*Sat*
253CEC56-FCC6-4B28-BF9D-E07B8308A6F9.jpg


お久しぶりです。
まろんは元気にしております。

遅くなりましたが、まずは定期検査結果をご報告します。



 9月3日夕方6時頃採取の尿外注検査結果 

 尿中タンパク 25.3
 尿中クレアチニン 40.1
 UPC 0.63(参考値0.5以下)





最近急に冷え込み出しました。
ネフローゼに冷えは大敵なので、まろんのお洋服も秋冬仕様に。
腹巻も健在です。
お洗濯の仕方が悪くて以前にウールの毛糸で編んだのは
縮んで使えなくなったので、アクリルのセーターから作った物を履いています。
洗濯してもよく伸びて着せやすいです。
でも、アクリルなので静電気が気になります。

柔らかい綿かシルク地でマジックテープを付けて作ってみようかな。
着せる時もいちいち顔からかぶって手を通してってしなくていいからまろんも楽だろうし。

年を取るとお洋服を着せるのも負担になるから
デザインを考えてしまいます。
アイデアは色々浮かぶのですが、それを形にするのは難しい。
コーデュロイ生地の去年から作りかけの物があるので、そちらを完成させなくっちゃ。

Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
03
1
2
3
4
5
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 14歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR