17歳の誕生日

2019
04/28
*Sun*
CATEGORY : フォト
17BD2.jpg


本日17歳の誕生日を無事に迎える事が出来ました。

ありがとうございます!!

7歳の終わりにネフローゼと診断されて長生きは無理だと思っていたので
17歳の誕生日を迎えることが出来て本当に驚いています。

元々家ではよく寝る子(外では活発)でしたが、最近はほとんど寝てばかりいます。

足腰が日に日に弱っている感じで、私のベッドで一緒に寝ると
ペット用階段で夜中のおトイレに降りるのが大変そうなので
床にお布団を敷いて寝るようにしようかなと思っていますが、
ベッド&ベッド下の収納ボックスを片づけるスペースの確保が難しいなー。

寝る時だけ、まろんのおトイレを私のベッド横に同じ高さになるように設置しようかとか。

匂いの問題とトイレから落ちたら危ないので囲いも必要かなとか色々思っています。

年を取ると人間もわんこも色々工夫が必要ですね。

別々に寝たら問題は解消するのですが、
床で寝ていても、私がベッドに入るとすぐさま上がってきます。

上がれないようにしたら朝まで泣いてお互いが眠れないし。

甘えたさんに育ててしまいました。




今日は写真を沢山撮りました。
動画も久しぶりに撮りました。


チッチ
(マナーバンドは冷え防止の腹巻がずれ落ちない為にしています。)






P1030558.jpg





P1030534.jpg





P1030513.jpg





P1030499.jpg





P1030579.jpg





P1030541.jpg





P1030567.jpg





P1030525.jpg





P1030548.jpg





P1030551.jpg





P1030516.jpg





P1030511.jpg

2019年の桜

2019
04/14
*Sun*
CATEGORY : フォト

P1030314.jpg







P1030352.jpg






P1030293.jpg






P1030391.jpg






P1030368.jpg







P1140618.jpgght="375" />






P1030417.jpg







P1030427.jpg






P1030446.jpg






P1030492.jpg






P1030453.jpg






P1030455.jpg






P1030480.jpg






P1030493.jpg






P1030383.jpg






P1030486.jpg







P1030459.jpg




ちびまろん?

2019
03/14
*Thu*
CATEGORY : 日常
外出から帰ってきてまろんのベッドを見たら「あれ?まろん縮んじゃってる!」

P1030278.jpg








・・・・・・・・・・







思考が停止してしばらく固まりました。


そしたら、部屋の隅っこの方から、本物のまろん登場。





ちびまろんの正体は、最近買ったパンダの歯磨きトーイ。
P1030275.jpg
なんか哀愁漂う風貌ですね。

上下を逆さまにし遠目に見ると、まろんの後ろ姿に見えます。




暖かくなったので、先日お世話になっているサロンに行き
足先、足裏、お尻、おしっこ、お腹周りをカットしていただいたのですが、
低料金なのに二人係でいつもして頂いて、何か申し訳ないなーと思いながら待ってると、
歯磨きトーイを見つけて、効果があればと思い購入しました。(カット代よりも高かったです 笑)


期待したのに、歯磨きトーイは使ってくれず放置(涙)
もう以前のようにおもちゃを噛んで遊ぶこともしなくなりました。




私の目がみえにくくなり、無駄毛のカットを一人でするのは動いて危ないので
1年ほど前からサロンにお願いしてますが、爪切りはセルフでしています。

以前に流血事件を起こしてから、爪切りの仕方をよく勉強して、そして救世主を手元に置いてます。

P1030279.jpg

流血事件ほどの出血はあれからは無いですが、
クィックストップを付けると本当にすぐに止血されて便利です。

最近のまろん

2019
03/08
*Fri*
CATEGORY : 日常

P1030262.jpg





まろんは元気にしています。

ご飯を作っている間も「早く~!」と待ちきれない様子で、美味しく食べてくれます。







気持ちよさそうに眠っていましたが、カメラを向けると起きちゃいました。ごめんね。
P1030266.jpg

元気にしております

2018
12/30
*Sun*
CATEGORY : 日常
P1030251-1.jpg



お久しぶりです。
ブログを随分放置しておりました。
その間に地震、台風と自然災害が続いた一年でした。
まろんは揺れも、音も全然わからなくて平気でした。
老いもこんな時にはプラスに働くものなんだなと思いました。

目、耳、足腰がずいぶん弱ってきましたが、元気にしております。

夜は私のベッドで一緒に寝ておりますが、夜中のおトイレに降りる時に
使っていたペット用階段が使いにくそうだったので
スロープ状の物を新しく買ってみました。


P1030247.jpg


具合よくなるだろうと思ったのに
登る時は結構勢いがいるみたいで登れないし
降りる時は滑りながら落ちております(笑)



今は両方おいて好きな方を使うようにしてもらってますが、どっちもどっちと言う感じです。

P1030250.jpg



一年前は平気でベッドまでジャンプして飛び乗っておりましたし、
サークルも屋根を付けなければ脱走しておりました。
そのうち上る時だけ階段を使うようになり、
最終的には降りる時も階段を使うようになりましたが、
危なっかしい感じです。


食欲は一時期無くなり心配しましたが、リン吸着剤の「レンジアレン」が嫌だったようで
そちらを入れなければまた食べるようになりました。


10月25日の夜に軽い痙攣発作があり心配しましたが
一時的だったようで、それ以降は落ち着いています。


水分(シリンジ)や固形のお薬をお口から飲ませると嫌がるようになり
ホモトキシ液と食事時以外の処方水を与えることが出来なくなりました。
ご飯に混ぜて食べさせているネフローゼ用の降圧剤「フォルテコール」と
ホモトキタブレット2種と処方水のみになりました。
固形のままだと残してしまうので、粉々に砕いて御飯に混ぜ込んでいます。
レンジアレンも嫌がるし、処方水、ホモトキやホメオパシーの水分
もシリンジで与えられないし困ったものです。


こんな調子ですが、来年もまろんとの生活を楽しんでいけたらいいなぁと思っております。


では・・・

P1030253-1.jpg




ホモトキ治療の変更

2018
06/04
*Mon*
P1030229-1.jpg




チロとサクラのクリニックの渡辺先生に
定期健診やまろんの様子をお伝えして処方していただいたお薬が届きました。


ホモトキシコロジー治療薬


 ・ホモトキシ液→週1回(Coenzyme Uvichinon Solidago Placenta)肝サポートは終了

 ・ホモトキタブレット→1/2錠を1日2回を1日交代で
  腎サポート(Reneel)、肝サポート( Hepeel)からリンパサポート(Lymphomyoso)に変更 

 ・処方水



春先に受けた血液検査で肝臓の数値の異常が見つかってから
ホモトキシ液の肝腎サポートを3クール続けたので終了し、
今回から腎サポートのみしていきます。
タブレットも肝、腎サポートからリンパ、腎サポートに変更されました。

個々に対処はありましたが、長年(2013年10月頃)処方水1本でサポートを続けてきました。
今後は年齢的に臓器が悪くなってくるので、もう少し強化したサポートである
ホモトキシ液とタブレットの併用を続けていくようになります。

ホモトキシ液(2.5mlぐらい)はシリンジに入った状態で
お口に直接入れてあげることも出来るのですが
毎回むせてしまいかわいそうなので、
好きなもの(甘酒や小豆などのゆで汁)に入れて飲ませています。

処方水も2回の御飯時とシリンジに入れたので数回直接飲ませていますが
こちらは1回が1mlぐらいと少量なのでむせ方も少ないです。
処方水はあげる量ではなくて、体の水分に伝わって作用するので
1日に複数回飲ませる事が大切です。
(飲み水に混ぜれば1日数回飲むことが出来ますが、まろんはお水を飲まないので出来ません)

タブレットは御飯時に混ぜれば難なく食べることが出来ています。
(以前はよけて食べなかったのでお口に突っ込んであげていました)

定期健診<5/22>

2018
06/04
*Mon*
P1030232-1.jpg


だいぶ前になりますが、5月22日かかりつけの病院に定期検診に行ってきました。



定期健診


 ・降圧剤(フォルテコール2.5mg1/2錠)→20日分(前回のが残っているため)

 ・点眼薬1日3回(ステロップ一旦中止)①EDTA(右目のみ)、②ムコスタ、③タリビット軟膏 

 ・飲み薬(ビラマイシン)終了

 ・体重2.4キロ(服、胴輪あり)
 


目の方は見た目もだいぶ良くなりました。

右目の白い輪っかも薄く広くなってよく見ないとわからなくなりました。

ステロイドの長期使用が心配で、先生に聞いたら飲み薬ではないので
そんなに心配ないと言われたのですが、
一旦中止して悪くなれば再開と言うことになりました。

お薬は何かしら副作用があるので出来たらあまり使いたくありません。

他のお薬も早く切れたらいいなと思っています。

初診で診て頂いた先生は検査(血液や尿)は一月毎(あるいはもっと頻繁に)が
望ましいと言われたのですが、2回目以降診て頂いている別の先生は、
慢性病で症状が落ち着いている場合は、検査はそれほど必要とされないようです。

今までの検査を考えると、数値が悪くても症状には関係なく
数値は変動するので、それほど頻繁にする必要は無いように思います。

高齢だし、検査で悪いところを早めに見つけると言うのが
大事なのはわかるのですが
病院に行くストレスや注射の痛みを考えると、
そんなに頻繁にはしたくないなと思います。

次回は一月後です。

バラ園

2018
05/04
*Fri*
CATEGORY : フォト

P1030191.jpg






P1030119.jpg






P1030193.jpg






P1030126.jpg






P1030170.jpg






P1030206.jpg






P1030141.jpg






P1030176.jpg






P1030200.jpg






P1030129.jpg



<お知らせ>
プロフィールを追加しようと過去のページに入ったら
2011年11月以前の画像が消えているようです。

復旧はちょっと難しいので、画像無しのままで行きます。

目の定期検査

2018
05/03
*Thu*
お薬が切れたので、目の検査に行ってきました。



目の定期検査


 ・目薬(ステロップ以外は1日3回 5分以上開けて次のをさす) 
  右→①EDTA、②ムコスタ、③タリビット軟膏
  左→①ステロップ(2日に1回)、②ムコスタ、③タリビット軟膏 

 ・抗生物質内服薬(ビブラマイシン)→2週間分

 ・降圧剤(フォルテコール)2.5mg1/2錠→2週間分




見た目はあまり変わりないのですが、検査で診ていただいたのでは
右目の潰瘍が良くなっていて角膜潰瘍目薬「パピテイン」は終了し、
かわりに今左目だけに差している「ムコスタ」を両目に使うことになりました。

ちょっと前のものですが、右目の結晶がよくわかる画像です。

20180421-1.jpg


右目は角膜変性症および角膜潰瘍、輪っかの部分はカルシウムの結晶です。
左目の血豆は角膜血腫だそうです。

右目は日によって目ヤニが増えたり(先週の土曜の朝は目がくっつきました)、
白目が赤くなったり色々です。

興奮(歯磨きやブラッシングなど嫌がるお手入れをした時)しても、
白目部分が赤くなります。

本日の診察の時も、先生が目にライトを当てるだけで嫌がり
反対に先生が「目薬はどうされてるの?」と私に聞かれたのでコツをお教えし
もう一度目を見たら、先ほど嫌がってた時よりも
白目の赤みがすごく薄くなってると言われました。

耳毛が目に入り炎症することもあると先生から言われたので
帰ってきてからバッサリカットしました。



次回は2週間後、病院通いが続きます。

16歳の誕生日

2018
05/01
*Tue*
CATEGORY : 日常
canvas4.jpg




4月28日に無事に16歳を迎えることが出来ました。

ありがとうございます。

去年は引っ越し直後に発作が2か月ほど続き、
最近の血液検査では肝臓、腎臓の数値が悪く、
16歳の誕生日は迎える事が出来るかなと心配しましたが
元気にその日を迎えられて本当に安心しました。

目の方は一進一退と言う感じではありますが、
肝臓からきていると思われるので、気を付けながら過ごしたいと思います。

Copyright © くりくり*闘病記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

shoko

Author:shoko
「まろん」 16歳
2002年4月28日生まれのトライパピヨンの女の子。
2010年3月に突然ネフローゼ症候群と診断されてからの闘病の記録を綴っています。
初めての方はカテゴリーの「はじめに」をまずお読み下さいね。
管理人とまろんの紹介は「プロフィール」に載っていますのでよろしかったらご覧下さい。


←お便り(画像添付可)お待ちしています。

 


いくつになったの

 


 


 


 


月別アーカイブ

 


 


雑誌に掲載されました

「トッピングごはん実践BOOK」

 


検索フォーム

 


QRコード

QR